ペット

赤ちゃんと犬の生活!不安を解消する方法とは

みなさん、こんにちは。

クラシカルです。

 

ラブラドールレトリバーをテーマに、

こんな悩みをもつ方にむけて、記事を書いています。

犬と生活してるけど、赤ちゃんとの相性は大丈夫かな?

いつごろから、触れ合えさせば良いのかなぁ?

 

クラシカル
クラシカル
この記事を読めば、

赤ちゃんと犬の生活に、不安を解消する方法がわかります! 

 

この記事を書いている私は、

ラブラドールが5歳のときに、赤ちゃん(長男)が生まれました。

はじめの頃は不安でしたが、想っていたより楽で大丈夫でした。

今でも、ラブラドールと長男は、楽しく生活しています。

 

クラシカル
クラシカル
赤ちゃんと犬の生活は不安! そんな悩みをもつ人に、経験談をかねて、ご紹介します。 

 

スポンサーリンク


赤ちゃんと犬の生活不安は解消できる!

結論として、

犬が落ちついた性格であれば、そう心配はないです。

そうでない場合は、段階的な対応をしたほうが安心できます。

 

生活の不安が解消できる理由とは?

家庭のなかで暮らす犬は、概ねフレンドリーな性格です。

 

飼い主さんに安心していれば、家庭内での序列はもっていないです。

そして、家族が増えることには、前向きに対応してくれます。

 

でも、落ち着きがない性格では、段階的に対応しましょう。

① 赤ちゃんは家族の一員であることを理解させる

② 赤ちゃんが泣いているときの様子をみる

③ 少しずつ触れさせて犬の対応をみる

 

この写真は、ラブラドールと長男が初対面したときです。

驚いていましたが、とても興味津々で、赤ちゃんを嗅いでいました。

解消できる理由を具体的にすると!

 

クラシカル
クラシカル
犬の性格が落ち着かない場合では、段階的な対応をします。

① 赤ちゃんは家族の一員であることを理解させる

突然、赤ちゃんがやって来ると、

犬は、お客さんと勘違いしているかも知れません。

 

では、どうやって見分けているの?

 

不思議な話しになりますね。

それは、犬が決めることです。

 

家族の一員というのは人間だけで、

犬にとっては、損得勘定しかありません。

 

そのため、時間をあたえて、徐々に安心させることです。

② 赤ちゃんが泣いているときの様子をみる

赤ちゃんは、泣くのが仕事といわれるぐらい、よく泣きます。

 

犬は少しずつ、慣れていきますが、

興奮したり、動揺するようでしたら、触れ合うには早いです。

 

しっかり慣れるまで、待ちましょう。

③ 少しずつ触れさせて犬の対応をみる

それなりに、落ち着きを感じたら、そろそろ触れ合うことも大事です。

 

もちろん、乳幼児と直接はできないので、赤ちゃんを抱っこしながら、少しずつです。

注意していたこと

 

クラシカル
クラシカル
犬が落ち着いても、しばらくは気を抜かないことです。

もしものことがあれば、一大事になります。 

赤ちゃんとの生活に注意すること

特に、注意していたことになります。

● 部屋では、犬と赤ちゃんだけにはしない

● 犬の前では、赤ちゃんを直置きしない

● 犬がジャンプするような、誘発行為はしない

● 赤ちゃんがハイハイしだしても、犬にイタズラさせない

● その他、状況をみながら、注意点を確認してください

赤ちゃんへの雑菌対策

我が家では、赤ちゃんには、雑菌などの配慮はしませんでした。

でも、手洗いと手の消毒、部屋の掃除はかかさずしていました。

 

また、動物病院にも、赤ちゃん連れで、気にせずいきました。

愛犬のケア

赤ちゃんができると、愛犬との時間が減ってしまいます。

 

少し余裕が出来たら、合間をみて、遊んであげてください。

また、赤ちゃんが外出するときは、愛犬も一緒がいいです。

 

愛犬のケアは忘れずに!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

家庭で暮らす犬は、本来フレンドリーなので、そう問題はないです。

でも、万が一のことも考えて、段階的に触れさせることをおすすめします。

 

そのなかでも、注意する点は、しっかり確認してください。

特に、愛犬に落ち着きがない場合は、慎重に構えてくださいね。

 

赤ちゃんは、とても大事です。

でも、愛犬も大事な家族の一員ですよね。

 

愛犬には、ストレスがたまらないように、飼い主さんの工夫が大事です。

クラシカル
クラシカル
赤ちゃんとの愛犬との生活に、がんばってください! 

 

我が家では、こんなエピソードがあります。

動物病院に子供を連れていくと、

獣医さんは聴診器をつけているので、幼い子供が注射されと勘違いして、大泣きしました。

それをみた、愛犬のラブラドールは、獣医さんに1度だけ吠えました。

獣医さんは、慌てて聴診器を外して、笑いながらこう言いました。

「仲良しの証拠だね」って!

 

しつけの関連記事

ご参考になれば、幸いです。

 

スポンサーリンク