日御碕神社の「砂のお守り」とは! 二柱の神様・御朱印・参拝時間などの情報!

島根県の北東部、日本海に面する半島が「島根半島」といわれます。

その半島の西端は「日御碕」! 島根県を代表する観光地です。

岬の先端では様々な絶景な姿が観れ、近くには「出雲日御碕灯台」をはじめ、重要文化財の「日御碕神社」があります。

 

日御碕神社

日御碕神社は「日ノ本の夜を守る神社」として、昼を守る「伊勢神宮」とは対的な関係になります。

日御碕神社 由来

 

また、出雲国風土記には「美佐伎社・みさきのやしろ」と表記されていて、そして境内には「二神」の神様が祀られています。

日御碕神社(美佐伎社)

現在の建物は 徳川家光の命により、1637年(寛永14年) に着手させ、7年後の1644年(寛永21年) に完成されました。

江戸時代初期、桃山時代の面影を残す貴重な建物ですね。

 

日御碕神社の神様(二神の神様)

日御碕神社の境内では、「神の宮」と「日沈の宮」があります。

神の宮は素盞嗚尊・すさのおのみこと、日沈の宮では天照大御神・あまてらすおおみかみが祀られています。

 

境内の配置

日御碕神社 境内配置図

日御碕神社の境内「桜門」をくぐると、正面に日沈の宮、そして右側には神の宮が配置されてます。

 

鳥居

日御碕神社 鳥居

その昔、日御碕神社の鳥居は、昔の参道入口にありました。

現在の地には、1935年(昭和10年)に遷されましたが、その際、徳川家光が寄進(1939年・寛永16年)されたものと判明しました。

境内に入る鳥居をくぐると、正面に桜門がみえます。

 

手水舎

桜門の手前・右側には「手水舎」があります。

日御碕神社 手水舎

 

桜門

日御碕神社 桜門

参道の正面に「桜門」があります。

石段をあがり桜門をくぐると正面には日沈の宮があります。

そして左右には、朱色が美しい廻廊が2つあります。

 

「日没の宮」につづく廻廊(左側)
↓↓↓
日御碕神社 通路1

 

「神の宮」につづく廻廊(右側)
↓↓↓
日御碕神社 桜門-神の宮 石段

 

日沈の宮

日沈の宮では天照大御神・あまてらすおおみかみが祀られています。

日沈の宮は、正面に「拝殿」、奥に「本殿」があります。

 

日沈の宮 拝殿
↓↓↓
日御碕神社 日沈の宮 拝殿

 

日沈の宮 本殿
↓↓↓ (本殿 右側からの画像)
日御碕神社 日沈の宮 本殿

 

神の宮

日沈の宮の右側には「神の宮」に向かう石段があります。
↓↓↓
日御碕神社 神の宮 入り口

 

神の宮 拝殿
↓↓↓
日御碕神社 神の宮 拝殿

 

神の宮 本殿
↓↓↓ (本殿 右側からの画像)
日御碕神社 神の宮 本殿

 

ご利益

日御碕神社は、厄除けのご利益があるとして有名です。

そして、縁結び・家運隆盛・夫婦円満・海上安全など、様々なご利益を授かると伝えられています。

 

参拝時間

参拝時間 8:30~16:30

お守りや御朱印などの受付も、同じ時間になります。

御祈祷の受付時間は、お問合せくださいませ。

 

お守りの種類・値段・場所

日御碕神社のお守りには、良縁守・安産御守 学業御守・勝ち御守などがあります。

そして有名なお守りが御神砂守です。

値段は 500円(初穂料)、境内の御守所(授与所)にていただけます。

良縁守

日御碕神社 良縁守

日御碕と日御碕神社のイメージにあった「良縁」のお守りですね。

とても美しくて、かわいいお守りです。

 

砂のお守り(御神砂守)

日御碕神社 御神砂守

砂のお守りは、3種類です。

表に「御神砂守」・裏に「日御碕神社」。

デザインがとても良くて、上品なお守りです。

 

「砂のお守り」の授与と合わせて、御神砂の説明書きもいただけます。
↓↓↓
日御碕神社 御神砂の由来2

 

御朱印(種類や値段・場所)

日御碕神社で授与いただける御朱印は日御碕神社の御朱印」「出雲國神仏霊場巡りの御朱印の2種類です。

値段は300円(初穂料)、境内の授与所にていただけます。

日御碕神社の御朱印

右に「奉拝」、左に参拝の日。

中央には、「日御碕神社」の赤い朱印が押されてます。

日御碕神社 御朱印

出雲國神仏霊場巡りの御朱印

日御碕神社は、出雲國神仏霊場巡り(二十社寺)の最終、第二十番目の霊場です。

出雲國神仏霊場巡りの御朱印では、二十社寺それぞれの名前や由来・教えなどを用い、御朱印には漢字一文字を書かれます。

日御碕神社では、「守」の文字を墨書きされます

「日ノ本の夜を守る」 その由来からに想いますね。

日御碕神社御由緒略記

御朱印を授与いただいた際に「日御碕神社御由緒略記」の冊子と合わせていただく事ができました。

出雲大社 御由緒略記

 

授与所(御守所・御祈祷受付所)

授与所(御守所・御祈祷受付所)は、境内「日沈の宮」の右側にあります。

とても、丁寧にご対応をいただけます。

日御碕神社 授与所

 

アクセス(車・バス)

日御碕神社へのアクセスは、車または バス(一畑バス)の利用になります。

車(マイカー)

車の利用では、出雲大社の西、稲佐の浜から海岸通りを北に、約8Km (12分程度) の道のりです。

日御碕の手前、信号機がある交差点を右折します。

バス(一畑バス)

バス(一畑バス)を利用する場合は、出雲大社(出雲大社連絡所 バス停)を起点に、1日8便があります。

※ 2022年4月現在

日御碕神社 バス時刻表

 

きっぷ売場・バス停は、日御碕神社・鳥居前の駐車場にあります。

また、きっぷ売場は、休憩所と併設になります。

日御碕神社 バスきっぷ売場

 

駐車場(無料)

日御碕神社の駐車場は、2か所あります。

鳥居前」と「桜門前の左脇に駐車場があります。

メインになるのは「桜門前の左脇」の駐車場です。

駐車場(鳥居前)

バス停が併設されていて、乗用車は10台程度、停めることができます。

駐車場内には、トイレも設置されてます。

日御碕神社 駐車場(鳥居前)

駐車場(桜門前の左脇)

日御碕神社のメイン駐車場です。

利用時間は、8時~18時まで。

時間外では閉鎖されますので、注意してくださいませ。

日御碕神社 駐車場(桜門脇)

 

施設情報(日御碕神社)

施設名:日御碕神社

住所:島根県出雲市大社町日御碕455

電話番号:0853-54-5261

 

「出雲大社・稲佐の浜」などの情報サイトは、こちらから。
↓↓↓
https://kurashi-karu.com/category/izumosinwa/

Instagram でも情報発信してます!
↓↓↓
https://www.instagram.com/izumo.shinwa/

 

 

ヨーグルトを食べているのに効果がイマイチの方に・・・

毎日、ヨーグルト100個分の乳酸菌がとれる方法とは?