ペット

犬との上下関係は勘違い?信頼関係を築くポイントとは

こんにちは、クラシカルです。

 

犬との上下関係をテーマに、

・犬との上下関係って、力関係のこと?

どうすれば、上下関係が上手くできるのかな?

 

こんな悩みをもつ方にむけて、記事を書いています。

 

クラシカル
クラシカル
愛犬との関係を見直したい!

そんな悩みをもつ方に、経験談をかねて、ご紹介します。 

 

スポンサーリンク


犬との上下関係とは

まず、結論からいいますと。

犬との上下関係とは、

犬と飼い主さんとの信頼関係の度合いが大事です。

 

言葉だけを考えてしまうと、上下関係とは、力関係に感じてしまいます。

それは、飼い主さんの勘違いです!

大切なのは、犬との信頼関係になります。

信頼関係が大事になる理由は?

犬が問題を起こす背景には、

執着心や支配心など、犬の本能とも言えるものがあります。

その多くには、信頼できるリーダーの存在がないためです。

飼い主さんは、犬のリーダーになることですが、決して、力関係ではありません。

 

例えば、シェパードですが、

彼たちは、とても攻撃力や、防衛力が強い犬種です。

でも、飼い主や訓練士が来ると、大人しく指示を待ちます。

上下関係は力関係としたら、飼い主は、シェパードには勝てませんよね。

 

このシェパードは、

見るからに強面ですが、本心はすごく甘えたな犬種だそうです。

 

クラシカル
クラシカル
大型犬に、力勝負しても勝てないです。

やっぱり、力関係ではなくて、信頼関係ですね。

信頼関係づくりに必要なポイントは?

犬との信頼関係づくりには、飼い主さんの努力が必要になります。

キーワードになるのが、

楽しい、楽しみ、安心感など、愛犬が安心して生活することです。

決して、従わせることではないです。

主な、ポイントとしては、

① しつけには楽しませる努力が必要

② 犬には正確に伝えること理解させることが必要

③ 生活にはメリハリが大事

④ 安心する場所が必要

 

信頼関係づくりのポイントを具体的にすると!

 

クラシカル
クラシカル
それぞれのポイントを、纏めてみました。

① しつけには楽しみが必要

犬のしつけと言っても、下地がないと意味がないです。

その下地には「しつけ=楽しみがある」このバランスを保ちます。

 

例えば、歩行の訓練をします。

歩行訓練には、犬は、飼い主に集中することが必要です。

はじめの頃は、おやつを与えながら、飼い主に集中させます。

そして、おやつの回数を、少しずつ減らします。

 

最後には、飼い主に褒めてもらうことに、楽しみを置き換わります。

このように「しつけ=楽しみがある」ことの意識づけが大事です。

これは、留守番をはじめ、しつけ全般に、言えることになります。

② 犬には正確に伝えること理解させることが必要

しつけ教室では、英語をつかう飼い主さんが多いです。

英語をつかう理由は、英語は母音が少なく、犬に伝わりやすいからです。

それぐらい、犬に伝える、犬に理解させるは、とても大事になります。

 

犬が言うことを聞かないは、

実は、なにも伝わっていないかも知れません。

そのため、飼い主さんは、愛犬へのコマンド(指示語)を見直してください。

具体的な方法は、この記事をご参考にしてください。

(参考記事: 犬のコマンドを英語にする理由とその注意点とは! )

 

③ 生活にはメリハリが大事

犬は、いつも遊びを期待していると、勘違いしていませんか?

実は、生活でメリハリが必要なのは、飼い主さんの方です。

犬とは、遊ぶときは遊ぶ、

しつける時はしつける、このメリハリは大事です。

 

生活にメリハリがないと、犬はなにをするのか理解できません。

これも、信頼関係には、大事なことになります。

安心する場所が必要

犬も疲れることはありますし、体調が悪いときもあります。

そのため、落ち着く場所が必要です。

一見、信頼関係とは異なるように感じますが、環境面も大事なポイントになります。

一般的には、ケージやバリケンをつかいますが、留守番にも、活用ができます。

 

誰でも、生活には、落ち着く場所を求めます。

それは人も、犬もおなじです。

具体的な方法は、この記事をご参考にしてください。

(参考記事: 大型犬にバリケンがつかえると生活に便利な理由とは! )

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

信頼関係づくりのポイントは、

● しつけには楽しませる努力が必要

● 犬には正確に伝えること理解させることが必要

● 生活にはメリハリが大事

● 安心する場所が必要

 

犬とは、上下関係ではなくて、信頼関係が大事です。

上下関係としても、決して、力関係ではありません。

犬とは、信頼関係の強さが、リーダーとして大切なことです。

しつけには、

正しく伝える、理解させる努力が大事です。

生活面では、

我慢させる、楽しみを与える、これらの繰り返しになります。

そして、メリハリのある行動に心がけることです。

犬のリーダーとして、

信頼関係が強ければ、犬は、安心して生活することができます。

 

クラシカル
クラシカル
愛犬は、大切な家族の一員です!

家族の一員だからこそ、犬のリーダーとして頑張ってください。 

しつけの関連記事

ご参考になれば、幸いです。

 

スポンサーリンク