出雲大社 4つの「鳥居」! それぞれの由来や歴史、周辺情報を纏めました

出雲大社には、宇迦橋の大鳥居・勢溜の大鳥居をはじめ、4つの鳥居があります。

それぞれの鳥居の由来や歴史、周辺情報について纏めました。

是非、ご参考にお願いいたします。

 

出雲大社には4つの鳥居がある!

出雲大社には、「一の鳥居」から「四の鳥居」まで、4つの鳥居があります。

それぞれの鳥居では、2018年までは 素材に違いがありました。

  • 一の鳥居 鉄筋コンクリート製(石の鳥居)
  • 二の鳥居は、以前は「木の鳥居」でしたが、2018年に鋼材製(鉄の鳥居)に建て替え。
  • 三の鳥居 鉄製(鉄の鳥居)
  • 四の鳥居 青銅製(銅の鳥居)

ご参拝の際には、4つの鳥居もご確認してくださいませ!

 

鳥居のくぐりかた

参道の真ん中は、神様が通る道なので両端を通るようにと、お聞きしますよね。

では、鳥居はどうなのでしょうか?

鳥居をくぐるときも参道と同じになり、鳥居の両端を通ることになります。

さらに、もう一つ。

鳥居の左端を通るときは、一礼して左足からくぐります。

右端を通るときは、一礼して右足からくぐります。

これは、鳥居の真ん中は神様が通るので、神様から遠い方の足からくぐるのが失礼にならないそうですよ。

 

一の鳥居(宇迦橋の大鳥居)

出雲大社一の鳥居2_20220624

旧大社駅から北・出雲大社方面に進むと、ひと際大きな鳥居がみえます。

この鳥居は、出雲大社「一の鳥居」といい、宇迦橋(うが橋)の大鳥居ともいわれます。

1912年~1915年 出雲大社の南側は、次々に整備が進められ、

  • 1912年 旧国鉄・大社駅(旧大社駅) 開業。
  • 1914年 宇迦橋(うが橋) 整備。
  • 1914年 新たな参道(神門通り) 整備。
  • 1915年 一の鳥居(宇迦橋の鳥居) 建立。

この整備により、出雲大社への参拝客は大幅に増加し、3倍の5万人となりました。

鳥居の素材は、鉄筋コンクリート製、高さは23メールもあります(出雲大社・御本殿の高さは24m)。

また「一の鳥居」では、中央「出雲大社」と書かれた額は畳/6畳分の大きさ。

大正天皇(在位1912年~1926年)の即位をお祝いし、「一の鳥居」が建てられました。

 

出雲大社神門通り20220624

宇迦橋(うが橋)を渡り 一の鳥居をくぐると、出雲大社 神門通りに入ります。

2013年 出雲大社の大遷宮(だいせんぐう)にあわせ、整備をされました。

電柱を地中に埋め込み、石材を敷き詰めた参道に生まれ変わりました。

当時、石材を敷き詰めた通りに変わりましたので、冬場の雪・雪道のときが心配でしたが、まったく心配なく大丈夫でした。

 

二の鳥居(勢溜の大鳥居)

出雲大社 正門20220621

出雲大社・二の鳥居は、勢溜(せいだまり)の大鳥居ともいわれます。

現在の「二の鳥居」は、2018年10月に「平成の大遷宮」の一環として建て替えを実施!

素材は、耐候性に優れた特別な鋼材(COR-TEN)で建てられた鳥居「鉄の鳥居」です。

以前の二の鳥居は「木の鳥居(1968年~2018年)」でしたが、老朽化と安全性などを考慮され建て替えとなりました。

そして、二の鳥居「勢溜の大鳥居」は、出雲大社・正門の役割も果たされています。

 

出雲大社 勢溜の屋台20220615

「二の鳥居」をくぐると、左右に広場があり「勢溜・せいだまり」といわれます。

勢溜の由来は、江戸時代では芝居小屋などが多数あり、人の勢いが溜まる場所として「勢溜」と呼ばれます。

 

そして、毎年10月に開催される、出雲大学駅伝(3大駅伝)のスタート地点でもあります!

うさぎ 勢溜2

(勢溜のうさぎ像)

 

出雲大社二の鳥居から一の鳥居20220624

二の鳥居「勢溜(せいだまり)の大鳥居」から神門通り、その先には 一の鳥居「宇迦橋(うが橋)の大鳥居」の姿がみえます!

 

三の鳥居(松の参道の鳥居)

出雲大社 三の鳥居 20220703

二の鳥居(勢溜の大鳥居)から下り参道・祓社(はらえのやしろ)をとおり、祓橋(はらえのはし)を渡ると、出雲大社・三の鳥居があります。

「三の鳥居」は、松の参道の鳥居ともいわれ、樹齢400年の美しい松並木が「四の鳥居」の近くまでつづきます。

鳥居の素材は鉄「鉄の鳥居」の鳥居です。

 

(四の鳥居から見た、松の参道です)

出雲大社 松の参道20220624

現在は「松の根の保護」のため、松の参道は、左右の道をすすむようになります。

多くの参拝客は、右側の松の参道から「四の鳥居」に向かわれる姿をみます。

そして、中央の参道は、その昔、皇族や貴族などの高貴な方だけが通ることが出来る道(松の参道)とされていました。

 

祓橋から二の鳥居

祓橋(はらえのはし)から見た、下り参道と、二の鳥居です。

 

四の鳥居(銅の鳥居)

出雲大社 銅の鳥居(四の鳥居)20220703

出雲大社・拝殿の手前にある、最後の鳥居が「四の鳥居」です。

「四の鳥居」は、銅の鳥居とも呼ばれ、素材は青銅になります。

 

出雲大社 銅の鳥居(文字2)20220703
↑↑↑
銅の鳥居(左側)には、

寛文六年・丙午・林鐘吉日
防長二州勅史
従四位下・行侍従兼大膳大夫大江綱廣朝臣

と刻まれています。

この銅の鳥居は、1666年(寛文6年) 長州藩2代藩主・毛利綱広から寄進されたものです。

大江家とは、毛利家の先祖の姓とのことです。

四の鳥居・銅の鳥居は、重要文化財に指定されてます。

 

出雲大社 銅の鳥居(文字)20220703
↑↑↑
そして、銅の鳥居(右側)には、重要な内容が刻まれてます。

二行目に素戔嗚尊者雲陽大社神也とあります。

Wikipedia(祭神の変化)によると、平安時代前期までの祭神は「大国主神」であったこと。

その後、神仏習合の影響下で鰐淵寺は杵築大社(後の出雲大社)の神宮寺を兼ね、鰐淵寺を中心とした縁起では、出雲の国引き・国作りの神は「素戔嗚尊」とされていた。

そのことから、中世のある時期から17世紀頃までの祭神は「素戔嗚尊」であったため、1666年 毛利綱広が寄進した銅の鳥居(四の鳥居)に刻まれた銘文には「素戔嗚尊者雲陽大社神也」と記されたと考えること。

1667年 出雲国造家により神仏分離・廃仏毀釈を主張し寺社奉行に認められ、これに併せて祭神は「古事記」「日本書紀」などの記述に沿い「大国主大神」に復したとあります。

この銅の鳥居(四の鳥居)に刻まれた文字は、当時の時代を表した貴重な内容ですね。

 

出雲大社の関連記事一覧

紹介記事
神在月・神在祭 出雲地方では旧暦の10月は神在月! 出雲大社の『神在祭』まとめ
参拝方法・参拝ルート 出雲大社の『参拝方法・参拝ルート』などの情報(まとめ)
御朱印 出雲大社の『御朱印』は 5種類・オリジナル「御朱印帳」もあります
お守り 出雲大社の『お守り』! 種類や値段をはじめ 郵送方法など(まとめ)
観光情報 出雲大社と周辺の『観光・旅行』! おすすめのスポット(まとめ)
駐車場出雲大社周辺の『駐車場』! 無料・有料をはじめ 各種情報の纏め!

出雲大社(いずも おおやしろ)

住所:島根県出雲市大社町杵築東195

電話番号:0853-53-3100

公式ホームページ:https://izumooyashiro.or.jp/

 

 

あれもこれも値上がりばかり・・・



値上げラッシュや円安が続いているので

毎月のやりくりが大変になって来ました。

こんな時に、金運が上がると良いのに!!

あなたを幸せにする【開運の財布】なんていうのは、いかがでしょうか?

お金とのご縁もあると良いですね。

→ 金運の上がる財布とは??