健康

カラーリングの種類はちゃんと調べて安心してつかいましょう!

カラーリング剤は、種類が多くて選ぶのに迷います。

自分に合ったカラーリング剤は、どうすれば選べるのか?

クラシカルは、そんな以前から思っていた、カラーリング剤の選び方について調べてみました。

クラシカル
クラシカル
この記事を読めば、カラーリング剤の知識が深まります。 

スポンサーリンク


カラーリング剤の種類と特徴を知る

この記事を読まれる方は、カラーリングの経験が浅いので、もっと知りたい方とおもいます。

そのためには、種類と特徴をしっかり知ることです。

そのことで、間違いのない、商品選びができます。

カラーリング剤の種類は?

カラーリング剤は「医薬部外品」と「化粧品」にわかれます。

医薬部外品には「ヘアカラー」「ブリーチ剤」。

化粧品では「ヘアマニキュア」「カラートリートメント」「着色料」です。

カラーリング剤の選び方

カラーリング剤は、大きく分けて「白髪用」と「おしゃれ用」があります。

目的は、

  • 白髪用は、白髪を染める。
  • おしゃれ用は、髪を明るくするためにあります。

市販品では、

  • 白髪用には「ヘアカラー」「ヘアマニキュア」「カラートリートメント」「着色料」。
  • おしゃれ用では「ヘアカラー」「ブリーチ剤」「ヘアマニキュア」「着色料」です。

 

白髪用とおしゃれ用の両方あるのは「ヘアカラー」「ヘアマニキュア」「着色料」。

白髪用だけは「カラートリートメント」。

そして、おしゃれ用だけは「ブリーチ剤」なのです。

 

カラーリング剤の選び方は、

目的(白髪用・おしゃれ用)に応じて、自分の好みと、カラーリング剤の特徴にあわせて、商品を選ぶことなのです。

カラーリング剤の特徴

クラシカル
クラシカル
カラーリング剤の特徴は、しっかり知りましょう!

ヘアカラー

ヘアカラーの特徴は、1回の使用でしっかり染まります。

そして、色持ちは、約2か月間持続します。

染まる仕組みは、酸化染料と、過酸化水素が化学反応により、髪を染めます。

デメリットでは、

  • 染料のジアミンにより、アレルギー反応を起こす心配がある。
  • 髪に、傷みが見られる。

商品のタイプは、クリーム、液状、乳液、泡、粉末などがあります。

ブリーチ剤

ブリーチ剤の特徴は、髪の色を、かなり明るい色にできます。

染まる仕組みは、過酸化水素がメラニン色素を分解して、髪の色が明るくなります、

デメリットでは、

  • 刺激性の皮膚炎症を発症する心配があります。
  • 髪に、かなりのダメージが見られる。

商品のタイプは、液状、クリーム、ミストなどがあります。

ヘアマニキュア

ヘアマニキュアの特徴は、髪の表面をコーティングするように染毛します。

染まる仕組みは、

髪のプラスの帯電と、染料のマイナスイオンが結合して、染料の発色をします。

また、酸性染料の一部が、髪の内側を通って染めます。

デメリットでは、

  • 色持ちは約2~4週間になり、ヘアカラーにくらべ色持ちが短い。
  • 使い続けると、髪がパサパサになる。
  • 肌につくと、落とすのに苦労する。

商品のタイプは、エアゾール、ジェル、クリーム、マーカータイプなどです。

カラートリートメント

カラートリートメントの特徴は、

髪は傷まず、傷んだ髪の補修効果にも期待できる。

そして、シャンプーの前か後に使うので、手軽につかえる。

染まる仕組みは、色素が髪の表層部に浸透し、少しずつ髪を染めます。

デメリットでは、色が入るのに、数回の使用が必要。

着色料

着色料の特徴は、一時的に、髪色を変えることができる。

染まる仕組みは、顔料を髪の表面に付着させて、一時的に着色します。

デメリットでは、汗や雨などで、色落ちする。

商品のタイプは、エアゾール、マスカラなどがあります。

カラーリング後の手入れ

カラーリングをした後は、しっかり髪のケアが大事です。

特に、ヘアカラーとブリーチ剤をつかうと、髪は傷んでしまいます。

お勧めは、

  • アミノ酸系のシャンプーをつかうこと。
  • そして、毎日のトリートメントは欠かせないです。
クラシカル
クラシカル
カラーリング後の手入れは、髪のダメージを抑えて広がることを防いでくれます。

まとめ

カラーリング剤には「医薬部外品」「化粧品」があります。

目的は、白髪を染める「白髪用」と、髪を明るくする「おしゃれ用」です。

市販品では、

  • 白髪用には「ヘアカラー」「ヘアマニキュア」「カラートリートメント」「着色料」。
  • おしゃれ用では「ヘアカラー」「ブリーチ剤」「ヘアマニキュア」「着色料」です。

カラーリング剤の特徴は、

  • ヘアカラーは、1回の使用でしっかり染まります。
  • ブリーチ剤は、髪の色を、かなり明るい色にできます。
  • ヘアマニキュアは、髪の表面をコーティングするように染毛します。
  • カラートリートメントは、髪は傷まず、傷んだ髪の補修効果にも期待できる。
  • 着色料は、一時的に、髪色を変えることができます。

 

カラーリング後の手入れでは、

  • アミノ酸系のシャンプーをつかうこと。
  • そして、トリートメントは欠かさないです。

 

注意することは、

ヘアカラーでは、アレルギー性皮膚炎症(かぶれ)の心配があります。

クラシカル
クラシカル
いかがでしたでしょうか。 

カラーリング剤の種類と選び方では、

その種類と特徴をしっかり知ることです。

そして、目的(白髪用・おしゃれ用)に応じて、自分の好みと、カラーリング剤の特徴にあわせ、商品を選ぶことです。

そのことで、間違いのない、商品選びができます。

 

スポンサーリンク