健康

カラートリートメントと白髪染めを併用!髪色を持続する秘訣とは

白髪染め(ヘアカラー)は、全体染めを繰り返すので、髪が傷みます。

カラートリートメントは、トリートメント効果があって、白髪も染まります。

この白髪染めと、カラートリートメントを、うまく併用する方法は?

クラシカルは、そんな以前から思っていた、併用について調べてみました。

 

クラシカル
クラシカル
この記事を読むと、カラートリートメントと白髪染めを、併用するメリットが理解できます。

この記事を読まれる方は、

白髪染め(ヘアカラー)は、髪の傷みが気になっている。

そして、白髪染めの間隔を長くしたいと、悩まれていると想います。

白髪染めとカラートリートメントは、併用できるので、美しい髪を保つことができます。

 

スポンサーリンク


カラートリートメントと白髪染めの併用は!

まず、結論になりますが、

カラートリートメントと、白髪染め(ヘアカラー)は、併用できます。

クラシカル
クラシカル
そして、美しい髪色が持続できます。

髪色が持続できる理由は?

白髪染めでは、髪の毛全体を染めます。

でも、1ヶ月ぐらいで白髪が目立ちはじめます。

そんなとき、また、全体染めで染め直します。

でも、カラートリートメントをつかえば、白髪を目立たなくなります。

そのため、全体染めに対して、

カラートリートメントは、髪の毛全体のセルフケアの役割をします。

具体的(手順)にすると!

Step1 色合わせ

白髪染め(ヘアカラー)と、カラートリートメントとの色をあわせます。

ポイントは、

  • 白髪が多めの方は、仕上がりイメージより明るめです。
  • 白髪が少ない方は、イメージより暗めに仕上がります。

Step2 全体染め

白髪染め(ヘアカラー)で、しっかりとムラなく全体染めをする。

そして、髪の毛全体に、髪色の下地をつくります。

Step3 セルフケア

カラートリートメントでは、

染めた髪色の持続と、生えてくる白髪に、セルフケアとしてサポートします。

また、染めた髪色の退色を防ぎ、目立つ前に生え際の白髪を染めます。

そして、全体染めのあと、3週間ぐらいで白髪が目立ちます。

そのため、全体染めから1週間後をめどに、週に1度か2度、カラートリートメントを使いはじめます。

白髪が目立つときは、カラートリートメントの回数を増やしてください。

併用するメリット

併用することで、毎月していた白髪染めが、1.5か月~2か月になります。

そして、美しい髪色を、持続することができます。

デメリットとしては、

カラートリートメントと、白髪染め(ヘアカラー)の色合わせが必要です。

白髪染め(ヘアカラー)の特徴

白髪染めへアカラーは、一度でしっかりと、白髪をカバーします。

そして、色持ちは、2か月~3か月ぐらい持続します。

デメリットでは、アルカリ剤により、キューティクルに負担があるので、髪は傷みます。

また、染料にジアミンが含まれ、アレルギー体質の方には、不安があります。

カラートリートメントの特徴

カラートリートメントは、天然原料のトリートメント剤なので、傷んだ髪の補修にも期待できます。

そして、髪の毛全体に、トリートメント効果があります。

デメリットは、髪の表面に浸透するので、少しずつ髪が染まります。

カラートリートメントの使い方

カラートリートメントの基本は、トリートメント効果があるので、シャンプー後に使います。

でも、白髪が目立つときは、シャンプー前の使い方で、髪に色を入りやすくします。

そのため、シャンプー前と後、両方で使える、カラートリートメントをお勧めします。

まとめ

カラートリートメントと、白髪染め(ヘアカラー)は、併用できます。

理由は、

白髪染めで、全体染めをする。

そして、カラートリートメントでは、髪の毛全体のセルフケアの役割をします。

具体的な手順は、

「色合わせ」→「全体染め」→「セルフケア」の順です。

  • 色合わせは、白髪染め(ヘアカラー)と、カラートリートメントの色を合わせます。
  • 全体染めは、白髪染めで、ムラなく全体染めをする。
  • セルフケアは、全体染めから1週間後をめどに、週に1度か2度、カラートリートメントを使いはじめます。

併用するメリットは、

毎月していた白髪染めが、1.5か月~2か月になります。

そして、美しい髪色を、持続することができます。

カラートリートメントの使い方は、

基本は、トリートメント効果があるので、シャンプー後に使います。

でも、白髪が目立つときは、シャンプー前の使い方をします。

そのため、シャンプー前と後、両方で使える、商品をお勧めします。

 

クラシカル
クラシカル
いかがでしたでしょうか。

カラートリートメントと、白髪染め(ヘアカラー)を併用できれば、メリットが多いです。

その一つに、全体染めの間隔が長くできます。

そして、カラートリートメントで、髪の毛全体をセルフケアする。

そうすれば、髪の傷みが少なく色持ちがいいので、美しい髪色を持続することができます。

 

スポンサーリンク