出雲市斐川町の荒神谷遺跡では銅鐸(どうたく)と銅矛の発見から35周年!

出典:山陰中央新報 ONLINE NEWS

 

出雲市斐川町の荒神谷遺跡では、銅鐸(どうたく)と銅矛の発見から35周年!

荒神谷博物館では、記念の特別展を開催されます。

 

荒神谷遺跡とは?

荒神谷遺跡の発見のきっかけは、出雲ロマン街道(広域農道)の建設になります。

昭和58年に遺跡の分布調査を開始し、ひとりの調査員さんが田んぼのあぜ道のなかで、偶然にも一片の土器を拾ったことから始まりました。

この土器は、古墳時代の須恵器(すえき)の一片とされています。

翌年(昭和59年)には、大掛かりに谷間の斜面を調査したところ、銅剣(どう
けん)が358本も出土したことは、知られている通りです。

荒神谷遺跡の名は、南に『三宝荒神』が祭られている事から、荒神谷と命名されたそうです。

 

荒神谷青銅器発見 35周年記念【特別展】

今回の特別展では、市松模様がある珍しい、銅鐸と銅矛が展示されます。

それらは、武器から祭祀(さいし)へと、目的の変化が読み取れるそうです。

古代のロマンに、ふれることが出来ますね。

是非に!

荒神谷博物館 ホームページ!

特別展荒神谷遺跡 銅鐸・銅矛出土35年の軌跡
場所荒神谷博物館
住所出雲市斐川町神庭873番地8
電話番号0853-72-9044
期間令和2年7月11日~令和2年8月24日
開館時間午前9時~午後5時(入館は4時半まで)
観覧料金大人420円、高大生210円、小中生110円

 

 

 

関連記事

出雲で子供とお出掛け、子供の遊び場! 出雲市内の主要施設イベント情報を紹介しています。ご紹介の施設は、出雲科学館・ゴビウス・風の子楽習館・しまね花の郷などです。【お願い】イベントなどの情報は、ご紹介時の内容になり[…]

 

あれもこれも値上がりばかり・・・



値上げラッシュや円安が続いているので

毎月のやりくりが大変になって来ました。

こんな時に、金運が上がると良いのに!!

あなたを幸せにする【開運の財布】なんていうのは、いかがでしょうか?

お金とのご縁もあると良いですね。

→ 金運の上がる財布とは??