健康

白髪染めでリタッチするのは美しい髪を保つには大事です!

白髪染めをすると、3週間ぐらいで白髪が気になります。

まだ、染め直すほどではないですが、うまくリッタチ(部分染め)をして、白髪を目立たなくしたいですね。

クラシカルは、そんな以前から思っていた、リタッチについての疑問を調べてみました。

スポンサーリンク


白髪染めのリタッチとは?

個人差はありますが、全体染めをするのは、1か月~1か月半に1度になります。

髪の毛は1か月に1センチぐらい伸びるので、3週間ぐらいで白髪が目立ちはじめます。

リタッチとは、目立ちはじめた白髪を染める、部分染めを言います。

リタッチのメリットとデメリット

 

クラシカル
クラシカル
メリットとデメリットになります。

リタッチカラーのメリット

リタッチが上手くできれば、全体染めの回数が減るので経済的です。

また、生えてきた白髪だけを染めるので、全体染めで染めた髪は傷まないです。

  • 全体染めの回数が減る。
  • 髪の根元を染めるので、髪全体は傷まない。
  • 経済的です。

 

リタッチカラーのデメリット

白髪染めの色味は、メーカーや商品などによって異なります。

リタッチの商品を選ぶときは、色味の確認は必要です。

  • 全体染めと、リタッチとの色をあわせる
  • リタッチは、想った髪色にならない時がある

 

リタッチができる白髪染めは?

白髪染めには、タイプがあります。

例えば、タイプには、乳液やクリームなどになります。

そのなかで、リタッチができるタイプは、つぎになります。

クリームとエアゾールタイプ

このタイプの商品は、つかい分け(分割使用)ができます。

おなじ商品で、全体染めとリタッチができるので、色あわせの心配はありません。

粉末タイプ

このタイプは、少数派になります。

粉末をお水で溶かしてつかうので、全体染めとリタッチができます。

髪の傷みは少ないですが、黒色の色味になります。

リタッチ専用のヘアマニキュア

このタイプでは、リタッチ専用のヘアマニキュアになります。

持ちやすい容器になっていて、リタッチにはつかいやすい商品です。

でも、容量は少ないので、あまり経済的ではないです。

カラートリートメント

カラートリートメントは、人気のある白髪染めです。

この商品は、つかい続けることで髪に色が入ります。

そのため、全体染めのセルフケアとしても、愛用者がおおいです。

タイプ別の評価

クリームとエアゾールタイプ 色はあわせやすいが、準備が必要。
粉末タイプ × 手軽ですが、色が黒しかない。
リタッチ専用のヘアマニキュア つかい易いが、コスト高。
カラートリートメント 手軽につかえ、トリートメント効果が高い。

 

おすすめのリタッチ方法

 

クラシカル
クラシカル
私のおすすめは、

全体染めはヘアカラー、リタッチには、カラートリートメントです。 

 

ヘアカラーは、一度染めると、2か月~3か月ぐらいは色持ちがつづきます。

でも、根元から白髪は生えるので、セルフケアとして、カラートリートメントは最適です。

カラートリートメントでリタッチする方法

カラートリートメントの場合は、白髪が目立ちはじめる前に、リタッチすることです。

商品選びでは、シャンプー前につかえる商品を選んでください。

色味では、全体染めの色にあわせますので、しっかり確認してください。

カラートリートメントのリタッチ手順

リタッチには、この手順をおすすめします。

  • リタッチには、カラートリートメントはシャンプー前につかうこと。
  • 室内の温度は、20度~30度。
  • リタッチする前に、必ずお湯で、髪の根元のよごれを丁寧に洗い流す。
  • タオルドライで、髪についた水分をしっかり取り除く。
  • 髪が温かいうちに、リタッチをはじめる。
  • 髪の根元を中心に、髪をめくりながらカラートリートメントを塗る。
  • カラートリートメントは、たっぷり使用する。
  • 髪に色の入りぐあいを確認しながら、放置時間を調整する。

 

ポイントは、

  • カラートリートメントの濃度を下げないよう、しっかりタオルドライする。
  • 頭皮の温度を下げないよう工夫する。
  • 放置時間中はヘアキャップをかぶり、ドライアーで温める。

 

カラートリートメントは美しい髪を保てます

カラートリートメントは、

キューティクルに負担をかけないので、髪の傷みはみられません。

そして、天然成分のトリートメント剤により、傷んだ髪の補修にも期待できます。

 

白髪染めには、かぶれの心配があります。

でも、カラートリートメントは、

  • ジアミンによる、アレルギーの心配はありません。
  • 放置時間は長めに置いても、頭皮に刺激はありません。

 

クラシカル
クラシカル
カラートリートメントは、

髪と肌に負担がない、美しい髪を保てる白髪染めになります。 

まとめ

リタッチとは、目立ちはじめた白髪を染める、部分染めを言います。

リタッチのメリットは、

  • 全体染めの回数が減る。
  • リタッチ(部分染め)なので、髪全体は傷まない。
  • そして、経済的です。

 

デメリットでは、

  • 色味は、メーカーや商品によって異なる。
  • リタッチでは、想い通りの色味にならないことがある。

 

おすすめのリタッチ方法は、

全体染めはヘアカラー、リタッチには、カラートリートメントです。

 

カラートリートメントでリタッチするには、

白髪が目立ちはじめる前に、リタッチすることです。

そして、シャンプー前につかえる商品を選ぶことです。

 

ぜひ、カラートリートメントで、リタッチを体験してください。

クラシカル
クラシカル
リタッチが上手くできれば、美しい髪を保つことができます。

 

スポンサーリンク