お金

出雲市 特別定額給付金(10万円)の申請忘れずに、申請期限内にしないと給付されません!

クラシカルも特別定額給付金の一人10万円の申請をしましたが、郵送がやりやすかったです。

申請期限があるので、期限内に申請することを忘れないでください。

出雲市の申請期限は、2020年8月21日(金)です。

最初は、スマホでオンライン申請が確実で、早く給付されるので便利だと思っていたのですが、予想外の色々なトラブルが多いようです。

スポンサーリンク


オンライン申請の弊害

特別定額給付金のオンライン申請に関連し、市民課窓口が大変混雑しています。

市民課(マイナンバー)窓口が大変混雑しています

特別定額給付金のオンライン申請時に必要なマイナンバーカードの暗証番号を忘れてしまった方などがたくさん出雲市市役所に詰めかけているため、市民課窓口が大変混雑しています。

そのために、待ち時間が長時間になったり、最悪は当日中に手続きができない場合があるようです。

入力間違いが多い

オンライン申請する方の多くに入力間違いがあり、間違ったままでも申請できてしまうので、その後で市役所でも確認作業に時間がかかり、余計に手間になっているようです。

郵送が確実かも

出雲市では2020年5月21日より順次、世帯主あてに申請書が送付されています。

申請書には、自分の世帯の基本的な情報が最初から記載されているので、書き間違いが少ないです。

申請書の記入

基本的には

・申請日
・電話番号
・振込先口座情報(銀行名、支店名、口座種類、口座番号、口座名義)

注意)口座名義のフリガナは、忘れずに記入すること

だけの記入です。

添付資料

添付資料が必要です。

申請する世帯主の本人確認のために、

・氏名
・住所
・生年月日

が確認できる資料のコピーが必要です。

運転免許証、パスポート、マイナンバーカード、保険証、年金手帳など

注意)免許証など、裏に住所変更した内容が記載されている場合は、裏面もコピーを忘れないこと。

申請書に記入した口座情報が間違いないか確認するために、通帳またはキャッシュカードの写しとして

金融機関名
口座番号
口座名義のフリガナ

が確認できる必要があります。

通帳の表だけでは、口座名義のフリガナが書いてない場合もあるので、表紙をめくった最初のページもコピーする必要がある場合があるので注意してください。

期限内に申請すること

支給されるといっても、特別定額給付金の申請をしないと受け取ることはできませんし、申請期間内での申請が必要となります。

出雲市の場合は、申請書の配布が2020年5月21日から始まりましたので、その3ヶ月後の2020年8月21日(金)申請期限となります。

申請期限を過ぎた場合は、給付されませんので注意が必要です。

給付金の振込

出雲市の場合、申請書の受付後、2020年5月末から給付金が、指定した口座に振込開始されます。

出雲市からの案内

 

スポンサーリンク