旅行

ウエストエクスプレス銀河が運行開始、京都駅発の一番列車が出雲市駅に到着!

JR西日本の長距離観光列車「ウエストエクスプレス銀河」が運行を始め、2020年9月12日の朝に一番列車が出雲市駅に到着しました。

WESTEXPRESS銀河の一番列車は、2020年9月11日夜に京都駅を出発し、山陽本線、伯備線、山陰本線を経由して終着駅の出雲市駅に翌12日朝に到着し、歓迎セレモニーが開かれました。

スポンサーリンク


WEST EXPRESS 銀河

一番列車の倍率は?

JR西日本によると下りの一番列車(京都駅→出雲市駅)は、抽選倍率が53倍で、上りの一番列車(出雲市駅→大阪駅)は、27倍にもなっています。

WEST EXPRESS 銀河への期待度の高さがうかがえますね。

「WEST EXPRESS 銀河」は、およそ40年前に製造された国鉄117系電車を改造したものです。

運行区間


(出典 :JRお出かけネット WEST EXPRESS 銀河

2020年5月にデビューする予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で9月中旬まで延期され、この日を迎えることができました。

出雲市駅に着くと列車を降りた乗客らは、西日本の美しい海や空をイメージした瑠璃紺(るりこん)色の車体を撮影していました。

11月までは、下り(京都発出雲市行き)と上り(出雲市発大阪行き)を山陰ルートの夜行特急列車として、それぞれ20本予定されています。

下り列車 時刻表

上り列車 時刻表

運転日

12月から2021年3月までは、山陽方面の特急列車として大阪―下関間を昼間に往復するようになります。

料金

気になる料金は、どれくらいかかるのでしょうか。

9月から11月までの夜行特急列車として運用される場合の料金が以下の通りです。

大阪駅~出雲市駅の料金を掲載しています。

[グリーン個室] 16,480円

内訳(運賃6,600円+特急料金2,640円+グリーン個室料金7,240円)

[グリーン指定席] 13,430円

内訳(運賃6,600円+特急料金2,640円+グリーン料金4,190円)

[普通車指定席] 9,770円

内訳(運賃6,600円+指定席特急料金3,170円)

 

スポンサーリンク