島根(出雲・・・)

ゴビウスにぶらり来てみました!

みなさん、こんにちは。

クラシカルです。

 

今日は、出雲市の東、宍道湖のほとりにある、宍道湖自然観ゴビウスに来ました。

 

ゴビウスといえば、

小さな子供達が、はじめて体験する水族館。

 

そんな、かわいいイメージがあります。

 

でも、きっと大人でも楽しめる!

 

そんな、クラシカルの体験談になります。

少々、お付き合いくださいませ。

スポンサーリンク


ゴビウスのテーマは?

宍道湖といえば、汽水で有名な湖ですね。

 

ゴビウスでは、

汽水のめぐみをテーマにした、体験学習型の水族館です。

 

水槽の展示では、

地域の川や宍道湖、中海に生息する生きものを中心になります。

その数は、約200種 10,000点にもなるそうです。

ゴビウスの全体観

ゴビウスの館内を大きくわけると、5つのゾーンにわかれます。

  • 受付と売店
  • 汽水の仲間たち (ゾーン①)
  • 川の仲間たち (ゾーン②)
  • あそびっ湖・まなびっ湖ひろば (ゾーン③)
  • 川から宍道湖へ中海から海へ (ゾーン④)

この5つのゾーンは、おぼえてくださいね。

 

ゴビウスでは、館内の入り口と出口がことなります。

そのため、時間をかけて、ゆっくり観察してください。

 

もちろん、再入場はできるので安心です。

ゴビウスの体験開始

では、クラシカルと一緒に、ゴビウスの体験をはじめましょう。

 

ゴビウスに着くと、キャラクターの「ゴビちゃん」が迎えてくれます。

ゴビちゃんは、ハゼ科の仲間になり、宍道湖に住んでいるそうです。

 

ゴビウスの扉をあけると、イワシの群れが現れます。

 

大きな筒状の水槽のなかを、イワシの大群が泳ぐ姿がみられます。

 

入館直後の感想は、その先の展示が、とても楽しみになります。

そして、受付があり、入場料を支払います。

受付と売店

入場料は、受付で支払う方法と、券売機で支払う方法があります。

そう時間も掛からないので、受付で支払いましょう。

 

受付のかたは、笑顔で迎えてくれます。

 

そのとなりには、小さな売店があります。

売店では、ゴビウスのグッズ販売がされています。

 

汽水の仲間たち (ゾーン①)

館内をすすむと、

最初のゾーン「汽水の仲間たち」に入ります。

なかに入ると「スズキ」「クロソイ」「メバル」「マゴチ」の水槽があります。

うしろの水槽では、「ボラ」「コイ」「フナ」が泳いでいます。

 

淡水魚と海水魚が一緒に泳いでいる姿は、汽水ならではの光景です。

 

そして「シラウオ」や「クラゲ」など、

汽水の仲間たちの水槽が、つぎつぎに現れます。

 

このあたりで、こども達のにぎやかな声が聞こえます。

すすむと、ヘルメット水槽につきます。

ヘルメット水槽

ヘルメット水槽では、

おおきな水槽の下から、顔をだして、水槽を覗けます。

 

こども達は、とても楽しそうですよ。

でも、狭いので、大人のかたは注意してください。

宍道湖・中海ジオラマ

「汽水の仲間たち」の最後には、左右に長い水槽があります。

 

なぜか、真ん中で区分けをされています。

向かって左は中海、右は宍道湖にわけて、海から汽水を再現しています。

 

なるほどって、感じになります。

つぎに、「川の仲間たち」のゾーンに入ります。

川の仲間たち (ゾーン②)

「川の仲間たち」のゾーンに入ると、

左手に「オオサンショウウオ」の水槽があります。

ほとんど動きませんが、

国の特別天然記念物に指定されるだけあって、希少価値が高いです。

こんな近くでみられるなんて、驚きです。

 

つぎに「絶滅のおそれのある生きも」として、

「ハゼ」「ドジョウ」「イトヨ」などの展示があり、大切な自然を守ってほしいです。

 

河川ジオラマ

この「川の仲間たち」のゾーンでも、左右におおきな水槽があります。

 

こちらでは、川の上流と、中流から下流のようすを再現しています。

特徴は、川の流れによって、「マス」「ヤマメ」など、魚の動きが変わります。

とても、勉強になりますね。

 

ここで「川の仲間たち」のゾーンは、終わります。

あそびっ湖・まなびっ湖ひろば (ゾーン③)

このゾーンでは「学習カウンター」と「生きものと触れあうコーナー」があります。

学習カウンター

この学習カウンターでは、

土曜日と日曜日に、飼育員さんから、とっておきの話があるそうです。

 

展示のほうでは、水中昆虫の「タガメ」がみられます。

昔はよくみましたが、とても珍しいですね。

生きものと触れあうコーナー

このコーナーでは、「だんだんタッチプール」があります。

蛇行した長いプールがあって、そこでザリガニに触れることができます。

 

小さい子供さんは、不思議そうにみつめています。

でも、こわごわ触っていました。

川から宍道湖へ中海から海へ(ゾーン④)

ゴビウスの最後になります。

最後の水槽では、

超特大の「コイ」や「スズキ」などが、悠然と泳いでいます。

 

その後ろの水槽では、多くの「エイ」がみられます。

そして、ゴビウスの出口になります。

まとめ

クラシカルとのゴビウス体験は、いかがでしたでしょうか。

 

ゴビウスといえば、

小さな子供達が、はじめて体験する水族館のイメージがあります。

 

そのため、こども達の目線にあわせて、生きものが泳いでいます。

 

では、大人でも楽しめるか? になりますが、

クラシカルの感想としては、

ゴビウスは、大人が子供にもどれる、水族館です。

 

子供の頃に川や山を駆け回っていたことを、想い出しました。

懐かしくて、とても楽しかったです。

ゴビウスの情報

ゴビウスの情報になりまが、

ホームページで確認してくださいね。

営業時間

営業時間は、9時30分から17時です。

最終の入館は、16時30分になります。

休館

お休みは、毎週火曜日と年末年始です

年末年始の休館は、12月28日から1月1日です。

料金

  • 小学生未満は、無料です。
  • 小・中高生は、200円。
  • 一般と大学生は、500円になります。

そして、特定のカードを提示すれば、10%の割引があります。

クラシカルは、JAFのカードをみせて、450円で入館できました。

その他では、団体割引や、年間パスポートもあります。

最後に

今回の「ゴビウスにぶらり来てみました!」は、とても楽しかったです。

こどもに戻れるとは、想っていなかったですね。

なんども、膝をついて、水槽を見入っていました。

 

是非、みなさんも、ゴビウスで楽しんでください。

おすすめのスポットになりました。

スポンサーリンク