出雲大社の神門通り「宇迦橋(うが橋)」の架け替え工事で、迂回路に2021年3月10日~切替開始しました!

出雲大社の神門通り「宇迦橋(うが橋)」の架け替え工事!

予定が遅れていましたが、いよいよ2021年3月10日(水)の朝から迂回路に、切り替えが始まりました。

また、今の宇迦橋が80年以上経過したのに感謝して『宇迦橋ありがとうフェスティバル』が、2021年3月13日(土)~4月4日(日)の毎週土日に開催されます。

→ 『宇迦橋ありがとうフェスティバル』の詳細は、こちら

関連記事

大社町杵築南にある宇迦橋(うがばし)が80年以上経つことから、『宇迦橋ありがとうフェスティバル』として、2021年3月13日(土)~4月4日(日)の毎週土日に様々なイベントが開催されることになりました。   宇迦橋(うがば[…]

宇迦橋ありがとうフェスティバル バナー

 

宇迦橋 いよいよ迂回開始

2021年3月10日(水)の朝より、宇迦橋の交通を迂回路に切り替えられました。

 

宇迦橋 迂回開始

 

宇迦橋(うがばし)

宇迦橋(うがばし)は、大社町の堀川をまたぐ、神門通りの入口にあります。

そして、出雲大社の一の鳥居入口にかかる橋でも知られてます。

そんな宇迦橋は、架橋から80年になり、老朽化が深刻なんです。

橋を通ると、古い感じがして、歩道もかなり狭いです。

出雲市では「神門通りの道づくり」と題して、吉兆館から宇迦橋、一の鳥居の北までを整備します。

そのため、宇迦橋の架け替えも行われます。

 

宇迦橋の架け替え(概要)

宇迦橋の架け替え工事は、令和2年末から3年間を予定。

その間は、迂回路をつくり、迂回路を通って、神門通りに入ります。

3年間の工事はすこし長いですが、新しい宇迦橋、新しく整備された道と景観に期待できます。

・宇迦橋は、石畳舗装になります。

・歩道が2倍に広くなります。

・電線類が地中化され景観が整備されます。

宇迦橋の前の大きな一の鳥居から順番に出雲大社の参拝をして、たくさんのご利益を授かりましょう!

→ たくさんのご利益を授かる参拝ルートの詳細は、こちら

関連記事

出雲大社は縁結びの神様!一度は参拝したいですね。 その出雲大社に来たからには、たくさんのご利益を授かりたいです。 そこで、ご利益を授かる、参拝ルートをご紹介します。 出雲大社の参拝ルートは! ご利益ある行動(参拝方法)は、正[…]

出雲大社

 

出雲にゅーす「神話・旅行」 → こちらから!

 

このようにInstagramもやってますよ。

毎日投稿してるので、Instagramのフォローすると情報通になれますよ!

クラシカル Instagram

 

出雲にゅーす インスタグラムは、こちらから