島根(出雲・・・)

出雲空港の公園!飛行機が近くでみられる

出雲空港は、島根県の玄関口として、年間100万人の方が利用しています。

あまり知られてないですが、出雲空港には大きな公園があります。

 

スポンサーリンク


出雲空港の公園

出雲空港には、とっておきの醍醐味があります。

それは、出雲空港には、大きな公園があります。

その公園は、滑走路に面していて、飛行機の離陸・着陸が間近でみられます。

飛行機のスケールの大きさと、爆音が響いています。

休日の昼間は、家族連れのピクニック。

夜は、デートスポットになるそうです。

出雲空港の路線便

航空会社では、JAL(日本航空グループ)にくわえ、FDA(富士ドリームエアライン)も運行しています。

出雲空港の路線便は、7路線。

北からの順では、

「仙台」「羽田」「小牧」「伊丹」「神戸」「隠岐」「福岡」に広がっています。

さらに、期間限定で「札幌便」も就航しています。

ちなみに、国際線も対応できるそうです。

出雲空港の施設

出雲空港の滑走路は、全長2,000m、巾は45mになります。

地方空港としては、一般的な長さです。

【 出雲空港のターミナル案内 】

● 1階

「チェックインカウンター」「手荷物検査場」「到着ロビー」「観光案内所」があります。

● 2階

「保安検査場」「エアポートラウンジ」「売店」など。

●3階

「レストラン」と「展望デッキ」になります。

出雲空港のターミナルは、コンパクトで無駄な感じがないですね。

出雲空港の到着ロビー

1階の到着ロビーでは、「出雲阿国」と「縁結び大黒」様が、迎えてくれます。

そして「観光案内所」があります。

出雲阿国(いずものおくに)

出雲阿国といえば、かぶき踊りの創始者として知られています。

そして、かぶき踊りは、現在の歌舞伎に移り変わったそうですよ。

一説によると、

阿国は、現在の出雲市大社町杵築・中村の生まれで、出雲大社の巫女だったとか!

その後に、出雲大社の勧進(かんじん)により諸国をまわり、阿国の名は、知れ渡ったそうです。

そして、歌舞伎の名家である中村家は、阿国の故郷の名とも説があります。

縁結び大黒

そして「縁結び大黒」様が、満ちあふれる笑顔で迎えてくれます。

とても素敵な、笑顔です。

出雲空港のターミナル

エスカレーターで2階にあがると、正面に売店があります。

出雲のお見上げは、かなり揃っています。

 

そして、「絵馬」が飾られています。

絵馬は購入ができて、願いを書くことができます。

この絵馬は、八重垣神社さんに納められるので、おすすめです!

その奥には「保安検査場」があって、大しめ縄の姿があります。

大しめ縄

大しめ縄といえば、出雲大社・神楽殿の大しめ縄が有名ですね。

こちらの大しめ縄は、島根県飯南町「しめ縄の里づくり」の紹介をかねて設置されています。

しめ縄の「しめ」とは、神様の場所という意味があるそうです。

その由来は、日本神話からきています。

天照大神(あまてらすおおかみ)が、天の岩戸(あめのいわと)から出た際に、二度と、天の岩戸に入らないように、しめ縄で戸を塞いだとされています。

天の岩戸とは、岩でできた洞窟です。

天照大神は太陽の神になり、洞窟に入れば、世界は暗闇になるという神話になります。

神話の世界観は、とても神秘的ですね。

そんな、神秘的なしめ縄の姿が、出雲空港でもみられますよ。

出雲空港のレストランと展望デッキ

さらに、3階にあがると、「レストラン」と「展望デッキ」があります。

レストランでは、蕎麦打ちの姿がみられます。

出雲蕎麦は、「挽きぐるみ」という蕎麦粉をつかいます。

その「挽きぐるみ」は、蕎麦の実と甘皮までを挽いた粉です。

出雲蕎麦の特徴は、香りが強くて、色が濃いです。

そして、味わい深い蕎麦になります。

まとめ

ご紹介をしたのは、

  • 出雲阿国は、かぶき踊りの創始者
  • 大しめ縄は、神話の世界
  • 出雲蕎麦は、出雲では外せないです

そして、島根の観光キャラクターは「しまねっこ」といいます。

しまねっこは、大社造りの帽子、しめ縄のマフラーが特徴です。

 

出雲空港の公園は、醍醐味があります。

とても広くて、芝生がきれいです。

山々と宍道湖があり、のんびりした環境なのに、飛行機が爆音をたててます。

是非、出雲空港に遊びに来てください。

施設情報

施設名:出雲縁結び空港

住所:島根県出雲市斐川町沖洲2633−1 出雲空港ターミナルビル

電話:0853-72-7501

営業時間: 06:30〜20:30

定休日:なし

ストリートビュー

 

スポンサーリンク