出雲大社 神楽殿 ! 「大注連縄 (大しめ縄) 」をはじめ、おすすめのスポット情報

出雲大社・本殿の西に位置する「神楽殿・かぐらでん」!

出雲大社の神楽殿は、巨大な大注連縄 (大しめ縄) で知られる方が多いですね。

その大注連縄は、長さが約13メートル・重さは約5.2トン、国内最大級の注連縄になります。

 

本来、神楽殿は、千家國造家の大広間 「風調館(ふうちょうかん)」と呼ばれてました。

1882年 (明治15年) 出雲大社教の設立後では、出雲大社教の神殿としても使われています。

そして、旧正月元旦の「福神祭」、神在月では「神迎祭」など、一年間を通じ様々なの祭事が執り行われます。

 

出雲大社は、縁結びの神様ですね。

その由来は、大国主大神とスセリヒメ神が仲睦ましい夫婦の道を示されました。

神楽殿では、新しい人生の門出を迎えられるお二人に、神前結婚式をご奉仕されてます。

 

神楽殿の境内では、祓社(はらえのやしろ)、金刀比羅宮(ことひらぐう)が並び、国旗掲揚塔、鏡の池などがあります。

神楽殿の後方では、出雲大社宮司家の祖先神や、天満宮などが祀られています。

 

様々な魅力をもつ「出雲大社・神楽殿」! おすすめのスポットをご紹介いたします。

是非、ご参考にお願いします。

 

出雲大社・神楽殿 おすすめ情報!

 

おすすめ①「神楽殿 大注連縄」

出雲大社 神楽殿(大しめ縄2)20220703

神楽殿に参拝に来ますと、ひときわ大きい大注連縄に圧倒されます。

その大注連縄は、長さが約13メートル、重さは約5.2トンもあり国内最大級です。

出雲大社の大注連縄は、古くから飯南町で生産され、培われてきた技術を今に受け継がれています。

数年ごとに交換される大注連縄は、のべ1000人の飯南町民の手によって作られています。

 

以前では、神楽殿の大しめ縄にお賽銭を投げたり、刺したりしていた参拝客がおられました。

そもそも注連縄は、神聖を示すものであり、その神聖を守る役割も持ちます。

おそらく、縁起が良いという誤った噂さからだと思いますが、大変失礼な行為ですのでご注意くださいませ。

 

おすすめ②「神楽殿 由来や歴史」

出雲大社 神楽殿 20220801

神楽殿は「風調館(ふうちょうかん)」と呼ばれ、千家國造家の大広間でした。

1882年 (明治15年) に、出雲大社教が設立されてからは、神殿としても使用されてます。

現在では、千家國造家の大広間、出雲大社・出雲大社教の神楽殿として、御祈祷や結婚式をはじめ、様々な祭事が執り行われています。

1981年 (昭和56年) に、出雲大社教が特立100年をお迎え、現在の神楽殿として建て替えられました。

神楽殿の大広間は 270畳の広さがあります。

そして、神社建築にはめずらしく正面破風の装飾が施され、ステンドグラスが使われています。

 

おすすめ③「神楽殿 祭事」

神楽殿では、一年間を通じ様々なの祭事が執り行われます。

新年の新年講社祭をはじめ、旧正月元旦の「福神祭」、神在月では「神迎祭」「龍蛇神講大祭」「夜神楽特別祈祷」など、年間20以上の祭事になります。

神楽殿・茅の輪くぐり

出雲大社 神楽殿 茅の輪くぐり

心身には、普段の生活のなかで様々な「ツミ・ケガレ (気枯れ)」が生じてしまいます。

このような「ツミ・ケガレ (気枯れ)」を祓い除き無病息災を祈るため、6月と12月の晦日には「大祓(おおはらえ)」の神事が執り行われます。

6月晦日の大祓は「夏越し(なごし)の大祓」と呼ばれ 出雲大社では「大祓式」、そして 神楽殿では「茅輪神事」が執り行われました。

→ 出雲大社教 ホームページ(年間の祭事)は、こちらからです

 

おすすめ④「神楽殿 神前結婚式」

出雲大社は、縁結びの神様として、全国から年間600万人もの参拝客を迎えます。

その由来は、大国主大神とスセリヒメ神が仲睦ましい夫婦の道を示されました。

出雲大社 縁結びの碑 20220212

神楽殿では、神々の御神徳を仰ぎ、新しい人生の門出を迎えられるお二人に、神前結婚式をご奉仕されてます。

結婚式は、神楽殿 または、おくにがえり会館2階にて、結婚式専用の神殿にて執り行われます。

→ 出雲大社 ホームページ(結婚式場)は、こちらから

 

神楽殿の境内

出雲大社・神楽殿 境内のご案内になります!

 

国旗掲揚塔

出雲大社 神楽殿(国旗掲揚塔)20220703

神楽殿前庭には、高さ47メートルの国旗掲揚塔が聳え立ち、揚げられる国旗は75畳。

タテ 8.7メートル・ヨコ 13.6メートルの大きさです。

 

出雲大社 神楽殿(国旗掲揚塔2)20220703

遠くからですと国旗の大きさが際立って見えますが、近くに来ると意外と気づかないこともありますので、国旗掲揚塔も確認してください。

 

受付所

出雲大社 受付所(神楽殿)20220213

神楽殿の左側には、御祈祷や御朱印などの受付所があります。

神楽殿の御朱印は、こちらの受付所にて授与いただけます。

 

御守所

出雲大社 神楽殿 御守所

神楽殿の右側には、お守りやおみくじ、絵馬などを授与いただける御守所があります。

出雲大社の八足門前にある「御守所」とおなじ授与品を授けていただけます。

 

出雲大社・神楽殿 行き方

 

神楽殿への入口(行き方)

神楽殿は、出雲大社の拝殿や八足門の西に位置しますが、主な入口(行き方)は2つ。

一つは、拝殿や八足門などの周辺からと、もう一つは、出雲大社・大駐車場(外苑駐車場)からになります。

出雲大社から神楽殿 20220710↑↑↑
出雲大社の拝殿などから西(左側)に進むと、神楽殿に着きます。

 

出雲大社 大駐車場20220123↑↑↑
出雲大社 大駐車場(外苑駐車場)から石段を上がり正面に進みます。

 

その先には、神楽殿があります。
↓↓↓
出雲大社 神楽殿 入口20220710

 

神楽殿 その他情報

出雲大社 神楽殿(いずもおおやしろ かぐらでん)

住所:島根県出雲市大社町杵築東

電話番号:0853-53-3100

営業時間:7時~18時(時短営業)

公式ホームページ:izumooyashiro.kaguraden

 

 

出雲縁結び空港から出雲大社周辺を観光される方へ



出雲縁結び空港からは、出雲大社まで直行でいけるバスもありますが、午前中に到着する2便だけにしか対応していません。

また、出雲縁結び空港から「出雲大社周辺観光」するなら、レンタカーがオススメな理由をこちらで紹介しております。

→ 詳細は、こちらから確認てください!