島根(出雲・・・)

東京で縁結びの神様に参拝する方法!

こんにちは、クラシカルです。

今回は「出雲大社」の東京分祠に、注目してみたいと思います。

 

出雲大社は縁結びの神様として、広く知られています。

でも、東京から出雲大社まで行くには、費用と時間が必要です。

そこで、東京に居ながら、出雲大社に参拝できる方法を紹介します。

スポンサーリンク


出雲大社の東京分祠に参拝する!

毎年のようには、東京から出雲大社への参拝はできないですね。

でも、参拝できないからと言って、あきらめる必要はありません。

その方法は、出雲大社の東京分祠を訪ねて、参拝することです。

参拝をあきらめなくて良い理由は?

分祠とは、本社の祭神を他所で祀るため、その神を分霊することを言います。

そして、御本霊を分霊しているので、本霊と分霊は、異なることはありません。

東京分祠で参拝すると、出雲大社とおなじ、ご利益をもたらすと言われます。

出雲大社の東京分祠とは

出雲大社の東京分祠は、東京都内では唯一の分祠です。

場所は、六本木にあります。

外観は、鉄筋コンクリートの3階建ての建物になり、その3階が境内です。

参拝の手順

御神殿への参拝は、必ず清めてからです。

①手水舎(てみずや)

②祓社 (はらいのやしろ)

③御神殿(ごしんでん)

手水舎は「両手と口」、祓社では「心身」を清めます。

手水舎(てみずや)

出雲大社でも、作法は一般的です。

  • 柄杓を右手に持ち、水を汲み、左手にそそぎ清めます
  • 杓を左手に持ち替えて、水を汲み、右手にそそぎ清めます
  • 再び、柄杓を右手に持ち、水を汲み、一口分を左手で受けます
  • 左手で受けた水で、口をすすぐ
  • そのまま、左手にそそぎ清めます
  • 最後に、柄杓を右手に持ったまま、柄杓を立てるように残った水で、柄杓を清めてもとに戻します

 

祓社(はらいのやしろ)

祓社は、祓戸四柱神(はらえどよはしらのかみ)が祀られています。

出雲大社でも下りの参道をすすむと、最初に参拝するのが、祓社なのです。

そして、出雲大社の参拝は「二礼 四拍手 一礼」です。

これで、御神殿に参拝できる、準備が整います。

御神殿

準備が整えば、御神殿を参拝します。

もちろん、参拝は「二礼 四拍手 一礼」です。

縁結びのご利益をたまわるよう、丁寧に御参拝してください。

社務所

手水舎のとなりに社務所が設けられていて、授与品が購入できます。

授与品はたくさんの種類があります。

人気があるのが「お守りの縁結びの糸」「縁結びの絵馬」「しあわせの鈴」です。

御朱印は、御朱印帳が必要です。

もちろん、御朱印帳を購入することもできます。

参拝時間や場所など

参拝時間:9時~17時

交通アクセス

  • 東京メトロ日比谷線「六本木」駅 2番出口より3分程度
  • 都営地下鉄大江戸線「六本木」駅 7番出口より5分程度

お問い合わせ

住所:東京都港区六本木7-18-5

電話番号:03-3401-9301

出雲大社は縁結びの神様といわれる理由

出雲大社は、正式には「いずもおおやしろ」と言い、大国主大神様が祀られています。

そして、参拝者は、年間600万人を超える、由緒正しい神社なのです。

 

多くの参拝者が訪れるのは「縁結び」の神として、古くからの深い信仰があるためです。

また、出雲では、神々の国として知られるとおり、その中心に鎮座するのが、出雲大社なのです。

 

また、縁結びの神とは、あらゆる人と人の繋がりに、ご縁により人々に幸せを結ぶ「むすび」を表しています。

そのため、出雲では、縁結びの街、ご縁の街として、広く栄えています。

クラシカル
クラシカル
縁結びと聞くと、男女の縁を想像しますが、すべての人と人との縁なのです。

まとめ

 

東京に居ながら、出雲大社に参拝するには「出雲大社の東京分祠」を訪ねてください。

理由は

分祠とは、御本霊を分霊しているので、本霊と分霊は異なりません。

東京分祠で参拝すると、出雲大社とおなじ、ご利益をもたらすと言われます。

参拝の手順は

  • 手水舎(てみずや)
  • 祓社 (はらいのやしろ)
  • 御神殿(ごしんでん)

手水舎は「両手と口」、祓社では「心身」を清めます。

御神殿への参拝は、清めてからです。

縁結びの神様といわれる理由は

出雲は、神々の国として、中心に鎮座するのが大国主大神様を祀る、出雲大社です。

縁結びの神とは、あらゆる人と人とのご縁により、人々に幸せを結ぶ「むすび」を表します。

ぜひ「出雲大社の東京分祠」を訪ねて、御参拝してください。

 

スポンサーリンク