カラートリートメントの使い方はシャンプー前と後!コスパにも影響します

syoss(サイオス)カラートリートメントは、乾いた髪にも濡れた髪にも使える白髪用のカラートリートメントです。

使い方は、シャンプー前と、シャンプー後の、どちらでも使えますが、どちらの使い方が良いのか?  分からないですね。

クラシカルは、そんな以前から思っていた、疑問について調べてみました。

syoss(サイオス)カラートリートメント

そもそも、カラートリートメントは、どのように使うのがベストでしょうか?

カラートリートメントの使い方は?

髪の染まりは、シャンプー前に使うのがベスト。

トリートメント効果では、シャンプー後に使うのが効果的です。

基本的な使い方はシャンプー後ですが、髪の染まりを重視するなら、シャンプー前のつかい方をマスターしましょう。

 

シャンプー前につかう理由?

シャンプー後では髪が濡れているので、カラー剤の濃度が下がります。

そのため、想い通りには染まらななくなってしまいます。

でも、髪が濡れていると、カラー剤が伸びるので、使いやすくなります。

そしてシャンプー後だと、トリートメント効果も実感できます。

そんなメリットがあっても大事なことは、髪が染まらないと、意味がありません。

そんな理由から、シャンプー前に使うことを、お勧めします。

 

 シャンプー前のつかい方をマスターする!

カラートリートメントは、シャンプー前の使い方を覚えてください。

準備するもの

  • カラートリートメント
  • ビニール手袋
  • コーム
  • シャワーキャップ
  • ラップ
  • 室温は20度~30度に設定。それ以下になると染まりづらい。

 

染毛の手順(シャンプー前の使い方)

手順は「前準備」「カラー剤の塗布」「放置」の3つになります。

前準備

① 髪の汚れを落とす

必ずお湯で、髪の毛全体を洗い流す。

このとき、髪の根元の汚れ、ヘアケア剤などは念入りに落としてください。

② 髪を乾かす

濡れた髪をタオルドライして、ドライヤーで乾かす。

髪が濡れていると、カラー剤の濃度が下がるので、念入りに。

頭皮の温度が下がらないように、次のカラー剤の塗布をはじめてください。

 

カラー剤の塗布

① カラー剤を手にとり、気になる白髪に塗布する。

カラー剤は、節約せずに、たっぷり使用してください。

② 塗布したカラー剤を伸ばして馴染ませる。

乾いた髪では、カラー剤の伸びが悪いので、コームをつかう。

③ 頭にラップを巻き、シャワーキャップをかぶる。

 

放置

① ドライヤーで温める

髪を染めるには、頭皮と髪の温度が大事です。

② 染毛の確認

必ず鏡をつかって、髪の染まり具合を確認してください。

③ 放置時間

決められた放置時間より、長めが基本です。

染毛の状態から、放置時間を決めることです。

でも、頭皮にかゆみや痛みが起こったら、すぐに中止してください。

 

最後に、すすいだ水が透明になるまで、洗い流してください。

そして、ドライヤーで髪が乾けば、完了です。

髪が染まるイメージが大事

カラートリートメントで染めるなら、髪が染まるイメージをもつことです。

染まる仕組みは、2つあります。

  • 髪の表面部分に、カラー剤が浸透する。
  • 一部のカラー剤が、キューティクルの隙間を通り、髪の内側を染める。

染毛時に、髪が染まるイメージをもつと、工夫ができます。

 

髪がよく染まるポイント!

ポイントは、4つあります。

  • 室温は20度~30度に設定する。
  • 髪の濡れを防ぎ、カラー剤の濃度は下げない。
  • カラー剤は節約せずに、たっぷりつかう。
  • 頭皮の温度は、ドライヤーをつかって保つ。

 

使い方の比較

シャンプー前シャンプー後
準備準備が必要ほぼない
つかい易さ(カラー剤)伸びがわるいよく伸びる
染毛力染まりが良い少しずつ染まる
使用場所選ばない浴室のみ
使用量多くなる基準どおり
使用回数少なくなる基準どおり
髪の傷みみられないみられない
トリートメント効果効果は低い効果は高い

比較では、それぞれに違いがあります。

また、放置時間が長いので、浴室で待機は工夫がいります。

 

コスパへの影響

カラートリートメントをコスパ良くするには、使用する回数を減らすことです。

そのため、1回の使用で、できるだけ髪を染めて回数を減らします。

コスパには、シャンプー前に使うことが有効です。

染まりにくい事例と対処

① シリコン入りのシャンプーは、カラートリートメント(カラー剤)をはじきます。

そのため、一時的にでも、使用を中止してください。

② ヘアケア剤を多く使用していると、カラー剤をはじいてしまいます。

この場合では、一時的に使用を控えて、お湯でしっかり洗い流してください。

③ 生えたばかりの白髪は、キューティクルが詰まっています。

そのため、放置時間は、長めにしてください。

商品選び

染毛力が大事なので、しっかりした商品を選ぶことです。

商品により「シャンプー前」「シャンプー後」「両方に使用」があるので、しっかり確認してください。

有名商品の事例ですが、

シャンプー前ルプルプ カラートリートメント
シャンプー後利尻ヘアカラートリートメント
シャンプー前・後の両方に使用syoss(サイオス)カラートリートメント

レフィーネ ヘッドスパ白髪染め

 

頭皮の健康も重要

染めるパワーも重要ですが、健康的な頭皮環境を整えることも重要です。

毛髪をはぐくむ『地肌力』に着目する必要があります。

硬い頭皮だと血流がうまく巡ってないので、細毛や薄毛の原因となります。

この地肌ストレスも解消しながら、染める必要があります。

ヘッドスパで頭皮の清浄化と血行促進しながらの白髪染めで、あなたの髪の本来の美しさを手に入れましょう。

 

なので、より美しく染めたいのであれば、ヘッドスパも一緒にできる白髪染めを使うのをおすすめします。

 

楽天1位の『レフィーネ ヘッドスパ白髪染め』が有効です。

今なら、楽天で買うより下のリンクから購入するのがお安くなっています。

→ 有効なのは、『シャンプー前・後の両方に使用』できてヘッドスパも出来る商品の こちら

アロマの香りで癒やされる ヘッドスパの白髪ケアはいかがでしょうか?



 

まとめ

つかい方は、2種類です。

カラートリートメントは、シャンプー前につかいます。

シャンプー前につかう理由は、

カラー剤の濃度が下がると、想い通りに染まりません。

それには、シャンプー前につかうことです。

 

髪を染めるポイントは、

  • 室温は20度~30度。
  • カラー剤の濃度は下げない。
  • カラー剤は節約しない。
  • 頭皮はドライヤーで暖める。

 

コスパへの影響は、

シャンプー前の方が、コスパは良いです。

コスパには、使用回数を抑えることです。

 

商品選びでは、

染毛力が大事なので、しっかりした商品を選ぶことです。

お勧めは、シャンプー前と後「両方」に使用できる商品です

 

カラートリートメントは、シャンプー前のつかい方をマスターすること。

それは、カラー剤は伸びづらいですが、染毛力があります。

また、1回の使用量は増えますが、使用回数を減らすことで、コスパがあります。

最近、疲れがとれないってことはありませんか?



毎日暑い日が続き、眠りが浅く、目覚めも悪いので、寝ても疲れが取れない感じ・・・ってことはありませんか。

疲労回復には、ニンニクや黒酢などが一番ですが、毎日とるにはニオイが気になりますが、ニオイを気にしないでとる方法をこちらで紹介しております。

→ 詳細は、こちらから確認てください!