健康

カラートリートメントの使い方はシャンプー前と後!コスパにも影響します

カラートリートメントは、やさしい白髪染めと聞きます。

つかい方は、シャンプー前と、シャンプー後があります。

でも、どちらのつかい方が良いのか?  分からないですね。

クラシカルは、そんな以前から思っていた、疑問について調べてみました。

スポンサーリンク


カラートリートメントのつかい方は?

髪の染まりは、シャンプー前のつかい方。

トリートメント効果では、シャンプー後のつかい方です。

基本的なつかい方はシャンプー後ですが、シャンプー前のつかい方をマスターしましょう。

シャンプー前につかう理由?

シャンプー後では髪が濡れているので、カラー剤の濃度がさがります。

そのため、想い通りには染まらないです。

でも、髪が濡れていると、カラー剤が伸びるので、つかい易さは感じます。

そして、トリートメント効果も実感できます。

大事なことは、髪が染まらないと、意味がありません。

そんな理由から、シャンプー前につかうことを、お勧めします。


 シャンプー前のつかい方をマスターする!

 

クラシカル
クラシカル
カラートリートメントは、シャンプー前のつかい方を覚えてください。

準備するもの

  • カラートリートメント
  • ビニール手袋
  • コーム
  • シャワーキャップ
  • ラップ
  • 室温は20度~30度に設定。それ以下になると染まりづらい。

 

染毛の手順(シャンプー前のつかい方)

手順は「前準備」「カラー剤の塗布」「放置」の3つになります。

前準備

① 髪の汚れを落とす

必ずお湯で、髪の毛全体を洗い流す。

このとき、髪の根元の汚れ、ヘアケア剤などは念入りに落としてください。

② 髪を乾かす

濡れた髪をタオルドライして、ドライヤーで乾かす。

髪が濡れていると、カラー剤の濃度が下がるので、念入りに。

頭皮の温度が下がらないように、次のカラー剤の塗布をはじめてください。

 

カラー剤の塗布

① カラー剤を手にとり、気になる白髪に塗布する。

カラー剤は、節約せずに、たっぷり使用してください。

② 塗布したカラー剤を伸ばして馴染ませる。

乾いた髪では、カラー剤の伸びが悪いので、コームをつかう。

③ 頭にラップを巻き、シャワーキャップをかぶる。

 

放置

① ドライヤーで温める

髪を染めるには、頭皮と髪の温度が大事です。

② 染毛の確認

必ず鏡をつかって、髪の染まり具合を確認してください。

③ 放置時間

決められた放置時間より、長めが基本です。

染毛の状態から、放置時間を決めることです。

でも、頭皮にかゆみや痛みが起こったら、すぐに中止してください。

 

最後に、すすいだ水が透明になるまで、洗い流してください。

そして、ドライヤーで髪が乾けば、完了です。

髪が染まるイメージが大事

カラートリートメントで染めるなら、髪が染まるイメージをもつことです。

染まる仕組みは、2つあります。

  • 髪の表面部分を、カラー剤が浸透する。
  • 一部のカラー剤が、キューティクルの隙間をとおり、髪の内側を染める。

染毛時に、髪が染まるイメージをもつと、工夫ができます。

髪がよく染まるポイント!

ポイントは、4つあります。

  • 室温は20度~30度に設定する。
  • 髪の濡れを防ぎ、カラー剤の濃度は下げない。
  • カラー剤は節約せずに、たっぷりつかう。
  • 頭皮の温度は、ドライヤーをつかって保つ。

 

つかい方の比較

シャンプー前 シャンプー後
準備 準備が必要 ほぼない
つかい易さ(カラー剤) 伸びがわるい よく伸びる
染毛力 染まりが良い 少しずつ染まる
使用場所 選ばない 浴室のみ
使用量 多くなる 基準どおり
使用回数 少なくなる 基準どおり
髪の傷み みられない みられない
トリートメント効果 効果は低い 効果は高い

比較では、それぞれに違いがあります。

また、放置時間が長いので、浴室で待機は工夫がいります。

コスパへの影響

カラートリートメントは、1本3,000円前後になります。

コスパでは、使用する回数に影響します。

そのため、1回の使用で、できるだけ髪を染めたいです。

コスパには、シャンプー前につかうことです。


染まりにくい事例と対処

① シリコン入りのシャンプーは、カラートリートメント(カラー剤)を弾きます。

そのため、一時的にでも、使用を中止してください。

② ヘアケア剤を多く使用していると、カラー剤を弾いてしまいます。

この場合では、一時的に使用を控えて、お湯でしっかり洗い流してください。

③ 生えたばかりの白髪は、キューティクルが詰まっています。

そのため、放置時間は、長めに置いてください。

商品選び

染毛力が大事なので、しっかりした商品を選ぶことです。

商品により「シャンプー前」「シャンプー後」「両方に使用」があるので、しっかり確認してください。

有名商品の事例ですが、

シャンプー前 ルプルプ カラートリートメント
シャンプー後 利尻ヘアカラートリートメント
両方に使用 レフィーネ ヘッドスパ白髪染め

お勧めは「両方に使用」できる商品です。

頭皮の健康も重要

染めるパワーも重要ですが、健康的な頭皮環境を整えることも重要です。

毛髪をはぐくむ『地肌力』に着目する必要があります。

硬い頭皮だと血流がうまく巡ってないので、細毛や薄毛の原因となります。

この地肌ストレスも解消しながら、染める必要があります。

ヘッドスパで頭皮の清浄化と血行促進しながらの白髪染めで、あなたの髪の本来の美しさを手に入れましょう。


まとめ

つかい方は、2種類です。

カラートリートメントは、シャンプー前につかいます。

シャンプー前につかう理由は、

カラー剤の濃度が下がると、想い通りに染まりません。

それには、シャンプー前につかうことです。

 

髪を染めるポイントは、

  • 室温は20度~30度。
  • カラー剤の濃度は下げない。
  • カラー剤は節約しない。
  • 頭皮はドライヤーで暖める。

 

コスパへの影響は、

シャンプー前の方が、コスパは良いです。

コスパには、使用回数を抑えることです。

 

商品選びでは、

染毛力が大事なので、しっかりした商品を選ぶことです。

お勧めは、シャンプー前と後「両方」に使用できる商品です。

 

クラシカル
クラシカル
いかがでしたでしょうか。

カラートリートメントは、シャンプー前のつかい方をマスターすること。

それは、カラー剤は伸びづらいですが、染毛力があります。

また、1回の使用量は増えますが、使用回数を減らすことで、コスパがあります。

 

スポンサーリンク