出雲市大社町『旧大社駅』では 「現場見学会」が 2022年6月25日~26日まで開催! 重要文化財の保存修理工事は 2025年12月まで予定です

出雲市大社町にある「旧大社駅」!  国の重要文化財の保存修理工事

工期は、2025年12月までの約5年間になります。

そして、旧大社駅の現場見学会が 2022年 6月25日(土) ~ 26日(日) まで開催されますよ。

 

旧大社駅の現場見学会! 開催

旧大社駅は、2025年12月までの約5年間、国の重要文化財の保存修理工事が行われてます。

この度、保存修理工事中の旧大社駅の現場見学会が開催されます!

旧大社駅 現場見学会20220625_2

 

☆ 開催日:2022年 6月25日(土)・6月26日(日)

☆ 時間:10:00~15:00(入場は14:30まで)

☆ 場所:旧大社駅(大社町北荒木441番地3)

事前のお申込みは不要です。

なお、旧大社駅には駐車場はございません

出雲市HP(重要文化財「旧大社駅」保存修理工事現場見学会を開催します)まで!

 

旧大社駅とは

旧大社駅20220610

旧大社駅は、出雲市から大社の門前をむすぶ「JR大社線」として、1912年(明治45年)に開業されました。

また、旧大社駅は、開業当時から出雲大社(玄関口)への参拝客で賑わい、東京や大阪などから直通列車が運行された時期もあったそうです。

開業当時の駅舎は、1924年(大正13年)に、新たに改築されています。

 

旧大社駅 駅舎

そして「JR大社線」は、1990年(平成2年)3月31日に、その役目を終え、その後駅舎は、2004年(平成16年)に、国の重要文化財として指定されています。

 

旧大社駅 SL

旧大社駅には、SL(デゴイチ)があり、当時の面影を今に残されています。

 

旧大社駅 保存修理工事

旧大社駅は、2021年2月1日より、保存・修理の工事がはじまりました。

工期は約5年。2025年12月20日までを予定されてます。

その間は、駅舎の見学、構内への自動車等の乗り入れはできません。

出雲市役所 文化財課より
↓↓↓
重要文化財旧大社駅保存修理(仮設・解体)工事のお知らせ

 

旧大社駅 周辺情報!

名称旧大社駅
住所出雲市大社町北荒木441-3
その他保存修理の工事(2025年12月20日まで)

 

 

 

出雲縁結び空港から出雲大社周辺を観光される方へ



出雲縁結び空港からは、出雲大社まで直行でいけるバスもありますが、午前中に到着する2便だけにしか対応していません。

また、出雲縁結び空港から「出雲大社周辺観光」するなら、レンタカーがオススメな理由をこちらで紹介しております。

→ 詳細は、こちらから確認てください!