出雲市知井宮町『真幸ヶ丘(まさぎヶ丘)』!その由来は大正天皇のお言葉からです

出雲市内を流れる、神戸川の西側に、出雲市知井宮町があります。

その知井宮町には、「真幸ヶ丘(まさぎがおか)」という丘があり、古くは「山崎ヶ丘」といわれました。

真幸ヶ丘の由来は、

明治40年5月、山陰への行啓(皇后・皇太子などの外出)の時、当時の皇太子様(後の大正天皇)が、山崎ヶ丘に立ち寄られたそうです。

その皇太子様よりまことに さいわいな おかとのお言葉から、「真幸ヶ丘」に改名されました。

 

現在の真幸ヶ丘には、大きな公園(真幸ヶ丘公園)があります。

公園では、テニスをはじめ、サッカー、野球など、地域のスポーツの場として、こども達の活発な姿がみられます。

そして、園内には1000本の桜の木があり、春には「さくら祭り」が開催されます。

夏では「真幸ヶ丘公園祭り」など、四季を通じて楽しめる公園なのです。

 

真幸ヶ丘の頂上には展望台があり、そこから眺める景色も楽しんでください。

 

 

出雲縁結び空港から出雲大社周辺を観光される方へ



出雲縁結び空港からは、出雲大社まで直行でいけるバスもありますが、午前中に到着する2便だけにしか対応していません。

また、出雲縁結び空港から「出雲大社周辺観光」するなら、レンタカーがオススメな理由をこちらで紹介しております。

→ 詳細は、こちらから確認てください!