出雲市知井宮町『真幸ヶ丘(まさぎヶ丘)』!その由来は大正天皇のお言葉からです

出雲市内を流れる、神戸川の西側に、出雲市知井宮町があります。

その知井宮町には、「真幸ヶ丘(まさぎがおか)」という丘があり、古くは「山崎ヶ丘」といわれました。

真幸ヶ丘の由来は、

明治40年5月、山陰への行啓(皇后・皇太子などの外出)の時、当時の皇太子様(後の大正天皇)が、山崎ヶ丘に立ち寄られたそうです。

その皇太子様よりまことに さいわいな おかとのお言葉から、「真幸ヶ丘」に改名されました。

 

現在の真幸ヶ丘には、大きな公園(真幸ヶ丘公園)があります。

公園では、テニスをはじめ、サッカー、野球など、地域のスポーツの場として、こども達の活発な姿がみられます。

そして、園内には1000本の桜の木があり、春には「さくら祭り」が開催されます。

夏では「真幸ヶ丘公園祭り」など、四季を通じて楽しめる公園なのです。

 

真幸ヶ丘の頂上には展望台があり、そこから眺める景色も楽しんでください。

 

 

あれもこれも値上がりばかり・・・



値上げラッシュが続いているので

毎月のやりくりが大変になって来ました。

こんな時に、少しでも安く買える方法があると良いのに!!

ネットショッピングするときに、monokaを経由するだけでキャッシュバック。

ポイントではなく現金が貯まるのがmonokaです。

コンテンツではネットで買える話題のアイテムや密かな人気グッズをご提案。

お得にお買い物をお楽しみください。

↓ ↓ ↓