ペット

ラブラドールレトリバー室内飼い!苦労話しとフレンドリーな体験談

ラブラドールレトリバーの室内飼いは、苦労することも多いです。

でも、家族の一員としての魅力は、室内飼いに感じています。

そんな、経験談をかねて、メリットとデメリットをご紹介しています。

 

スポンサーリンク


ラブラドールレトリバーの知識

ラブラドール種の原産は、ニューファンドランドのラブラドール半島が、原産ではと言われます。

そして、ラブラドール種は、イギリスで最初に一犬種として認定され、他の国々でも認定されました。

ラブラドール種の特徴は、もともとは鳥猟犬になり、水・陸いずれの作業でも、正確性と俊敏な行動が評価される。

また、嗅覚は、他に例が見られないほど優れています。

毛色は3種類になり、イエロー、ブラック、チョコレートです。

平均寿命は、10歳から13歳になりますが、15歳以上のご長寿犬もたくさん紹介されています。

 

ラブラドールレトリバーは、体高は60cm前後になり、体重も30kgを超えます。

温和でやさしい性格ですが、もの凄く力が強い、そんな犬種がラブラドールレトリバーなのです。

 

室内飼いでの苦労話し

大型犬の室内飼いには、それなりの覚悟と努力、家族全員の協力が必要です!

ラブラドールレトリバーの子犬は、5ヶ月ぐらいになると、力の強さは、成犬とおなじです。

もの覚えが良くて、とても器用で、やんちゃな性格です。

室内飼いでのデメリット

普段の生活上でのデメリットとしては、抜け毛になります。

気がつけば、ラブラドールレトリバーの抜け毛は、いたる所にあります。

洋服や靴下、下着などに抜け毛は着くので、普段からコロコロは欠かせません。

意外と、靴のなかにも抜け毛が入っています。

 

においは、あまり気になりませんが、専用のシャンプーをつかったお風呂は欠かせないです。

それと、派手なクシャミをします。

このくしゃみも、いたる所に飛んでいます。

苦労する時期

大変苦労する時期は、子犬(5ヶ月ぐらい)から、1歳ぐらいまでが大変です。

家具などを噛みます(成長期まで)

成長期に入ると、歯が生え変わる時期になり、テーブルや椅子、家具などを噛み砕くことがあります。

私の携帯電話に、穴が開いたこともありました。

また、とても器用なので、冷蔵庫や引き出しを開けて、散らかすこともあります。

落ち着きはじめる時期

大変な苦労が続くと、すこしノイローゼ気味になり、なんとか改善ができないかと悩んでいました。

そんななか、生後10ヶ月を過ぎたあたりから、少しずつ落ち着きを感じることができます。

しつけ教室の活用

私たちは、生後10ヶ月ぐらいから、ドッグスクールに通いはじめました。

ドッグスクールに通うには遅いタイミングですが、同じ悩みをもつ飼い主さんと仲良くなり、情報交換することで気持ちが楽になりました。

 

今振り返ると、10ヶ月目までが、一つの山場であったと感じています。

 

家庭的でフレンドリーな性格

 

室内飼いのメリット

ラブラドールレトリバーは、温和で優しく、誰とでも仲良くなれ、甘えん坊で人懐こい性格になります。

小さな子供にも優しく接することができ、忍耐強さも感じます。

いつも家族を意識していて、フレンドリーな犬種です。

 

攻撃性は感じませんが、性格が臆病な場合は、公園やドッグスクールなどで、社交性を身につけて、安心感を与えることも大切です。

 

室内飼いでは、いつも姿を見ているので、体調の変化に気づけます。

年齢を重ねると、内臓疾患が起こったり、オシッコが出にくくなったりする事もあるので、しっかりと普段の様子を見なければならないです。

そのためにも、ラブラドールレトリバーは、室内飼いをお勧めします。

 

体調の変化に早く気づけば、いつまでも元気に暮らしてくれると感じています。

また、室内飼いでは、フィラリアのリスクも少ないです。

言葉の意味を理解する

ラブラドールレトリバーは、学習能力に優れていて、言葉の意味を理解しようとします。

そのため、短くわかりやすい言葉で訓練すると、たくさんのことを覚えます。

躾けの言葉は、英語をつかわれる飼い主さんも多いです。

日本語よりも英語やドイツ語などの方が、理解しやすいそうですよ。

運動は欠かせない

ドッグスクールの校長さんは、ラブラドールレトリバーは、ラグビー選手といわれます。

それぐらい、運動量を必要とします。

健康を維持するため、毎日のように、数時間の散歩や遊びは欠かせません。

どきどき、ドッグランなどの運動施設も活用が必要です。

長時間の留守番ができる

留守番の躾けが必要ですが、ラブラドールレトリバーは忍耐強さがあります。

そのため、長時間の留守番も、頑張ってくれます。

そして、自家用車での長距離移動もできるので、家族旅行にも連れていけます。

オス・メスの違い

体格はひと回り、メスの方が小さいです。

メスの方が、繊細な性格をしていて、さらに従順さを感じることができます。

だからと言って、ラブラドールレトリバーのオスが、難しいことではないです。

 

室内飼いの魅力(まとめ)

1歳ぐらいまでは、苦労がありましたが、室内飼いの魅力としては、心から癒されます。

 

ラブラドールレトリバーの性格は、温和で優しく、誰とでも仲良くなれ、甘えん坊で人懐こい性格です。

そして、従順で優しく、おおらかな性格なので、日常の生活はとても楽しいです。

嫌な顔はせず、いつも近くにいてくれるのが、ラブラドールレトリバーなのです。

 

また、人の年齢に関係なく、小さな子供にも優しく接することができ、忍耐強さも感じます。

そんな、ラブラドールレトリバーは、人がとても大好きだと思います。

それを感じるのは、室内飼いになります。

 

ラブラドールレトリバーは、学習能力に優れていて、しつけや訓練をすると、たくさんのことを覚えます。

普段の表情や寝ている姿などは、どこか人間くさい所を感じさせます。

 

平均寿命は10歳~13歳ですが、室内飼いでは、しっかりと体調管理ができます。

いつまでも、大好きなラブラドールレトリバーと、楽しく暮らしたいですね。

 

出雲の動物病院

私たちが暮らしている島根県出雲市でも、たくさんの動物病院があります。

お勧めは、出雲市姫原町の「あるぱ動物病院」です!

なんと言っても、意識と経験が深くて、親切で粘り強く診察を繰り返してくれます。

是非一度、覗いてみてください。

出雲市のペットクリニック(動物病院)を口コミ情報をもとにまとめてみた!出雲市のペットクリニック(動物病院)を、まとめてみました。出雲動物病院 口コミ情報などで調べてみると、それぞれのペットクリニックに...

 

ラブラドールレトリバー ブログ紹介!

ラブラドールレトリバーとの生活体験のブログです。

ラブラドールレトリバーのしつけ体験

 

 

外出していると室内でラブラドールレトリバーがどうしているのか気になりませんか?

そんな時、スマホで外出先から様子を確認できたり、エサもあげることもできちゃう便利なマシーンです。

→ 外出さきから室内のワンちゃんを確認できるマシンの詳細は、こちら

クラシカル
クラシカル
1歳までは、やんちゃですが、ラブラドールレトリバーは、最高な犬種です。
カリカリマシーンSP】

 

スポンサーリンク


SNSもチェックしてね!
ブログ ランキング!
色々、参加しています!
出雲市ランキング にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 出雲情報へ
にほんブログ村