ペット

ラブラドールレトリバー室内飼いの魅力

こんにちは、クラシカルです。

今回は、ラブラドールレトリバー「室内飼い」をテーマに、記事を書いています。

 

室内飼いでは、

苦労することも多いですが、家族の一員として室内飼いの魅力があります。

そんな、経験談をかねて、ご紹介します。

スポンサーリンク


ラブラドールレトリバーの知識

まずは、ラブラドールレトリバーのことを、しっかり理解しましょう。

 

ラブラドール種の原産は、

ニューファンドランドのラブラドール半島が、原産ではと言われます。

 

そして、ラブラドール種は、

イギリスで最初に一犬種として認定され、他の国々でも認定されました。

 

ラブラドール種の特徴は、

もともとは鳥猟犬になり、水・陸いずれの作業でも、正確性と俊敏な行動が評価される。

また、嗅覚は、他に例が見られないほど優れています。

 

毛色は3種類、

イエロー、ブラック、チョコレートです。

 

平均寿命は、

10歳から13歳になりますが、15歳以上のご長寿犬もたくさん紹介されています。

 

ラブラドールレトリバーは、

とても力が強く、体高は60cm前後になり、体重も30kgを超えます。

 

温和でやさしい性格ですが、もの凄く力が強い、犬種なのです。

 

クラシカル
クラシカル
ラブラドールレトリバーは、歴史の奥が深いです! 

家庭的でフレンドリーな性格

ラブラドールレトリバーに興味がある方は、だいたいの性格は、ご存じと思います。

温和で優しく、誰とでも仲良くなれ、甘えん坊で人懐こい性格になります。

小さな子供にも優しく接することができ、忍耐強さも感じます。

いつも、家族を意識していて、フレンドリーな犬種です。

 

そして、学習能力に優れていて、言葉の意味を理解しようとします。

そのため、短くわかりやすい言葉で訓練すると、たくさんのことを覚えていきます。

 

攻撃性は、一切感じません。

でも、性格が臆病な場合は、公園やドッグスクールなどで、社交性を身につけて、安心感を与えることも大切です。

 

運動では、毎日、数時間の散歩や遊びは欠かせません。

忍耐強さがあり、車での長時間の移動もできるので、家族旅行にも連れていけます。

 

ラブラドールレトリバーのオス・メスの違いは、体格はひと回り、メスの方が小さいです。

メスの方が、繊細な性格をしていて、従順さを感じることができます。

 

だからと言って、ラブラドールレトリバーのオスが、難しいことではないです。

室内飼いでの苦労

クラシカル
クラシカル
大型犬の室内飼いには、それなりの覚悟と努力、家族全員の協力が必要です!

 

家具などを噛み破壊することがあります

ラブラドールレトリバーの子犬は、家具などを噛み、破壊することがあります

もの覚えが良く、とても器用で、やんちゃな性格です。

 

また、ラブラドールレトリバーの子犬は、

5ヶ月ぐらいになると、力の強さは、成犬とおなじです。

 

そして、大変苦労する時期は、

子犬(5ヶ月ぐらい)から、1歳ぐらいまでが大変です。

 

成長期に入ると、

歯が生え変わる時期になり、テーブルや椅子、家具などを噛み砕くことがあります。

また、冷蔵庫や引き出しを開けて、散らかすこともあります。

落ち着きはじめる時期

少しずつ、落ち着きがみられるのは、10ヶ月目ぐらいからです。

 

大変な苦労が続くと、

仕事から帰宅するのを、ためらうことがありました。

 

すこしノイローゼ気味になり、

なんとか改善ができないかと悩んでいました。

 

でも、生後10ヶ月目を過ぎたあたりから、少しずつ落ち着きを感じることができます。

 

私たちは、そのあたりから、ドッグスクールに通いはじめました。

ドッグスクールでは、同じ悩みをもつ飼い主さんと仲良くなり、情報を交換することで気持ちが楽になりました。

 

今振り返ると、10ヶ月目までが、一つの山場であったと感じています。

室内飼いの魅力

1歳ぐらいまでは、苦労がありましたが、室内飼いの魅力としては、心から癒されます。

ラブラドールレトリバーは従順で優しく、おおらかな性格をしており、日常の生活はとても楽しいです。

 

ラブラドールレトリバーは、人がとても大好きだと思います。

それを感じるのは、室内飼いになります。

 

また、人の年齢に関係なく、同じように接してくれます。

普段の表情や寝ている姿など、

室内飼いでのしぐさは、どこか人間くさい所を感じさせます。

 

嫌な顔はせず、いつも近くにいてくれるのが、ラブラドールレトリバーです。

室内飼いのメリットとデメリット

クラシカル
クラシカル
室内飼いのデメリットとメリットになります!

室内飼いのデメリット

室内飼いのデメリットとしては、抜け毛になります。

気がつけば、ラブラドールレトリバーの抜け毛は、いたる所にあります。

 

それと、派手なくしゃみをします。

このくしゃみも、いたる所に飛んでいます。

室内飼いのメリット

室内飼いでは、

いつもラブラドールレトリバーの姿を見ているので、体調の変化に気づけます。

 

年齢を重ねると、

内臓疾患が起こったり、オシッコが出にくくなったりする事もあるので、普段の様子をしっかりと見なければならないです。

 

そのためにも、室内飼いをお勧めします。

 

体調の変化に早く気づけば、いつまでも元気に、暮らしてくれると感じています。

また、室内飼いでは、フィラリアのリスクも少ないです。

 

クラシカル
クラシカル
ラブラドールレトリバーの魅力を知ると、デメリットは小さなことです。

出雲の動物病院

クラシカルが暮らしている島根県の出雲市でも、たくさんの動物病院があります。

お勧めは、出雲市姫原町の「あるぱ動物病院」です!

なんと言っても、意識と経験が深くて、親切で粘り強く診察を繰り返してくれます。

是非一度、覗いてみてください。

出雲市の動物病院をクチコミ情報をもとにまとめてみた!出雲市の動物病院を、まとめてみました。出雲動物病院 クチコミ情報などで調べてみると、それぞれの動物病院に特徴を感じますね! ...

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ラブラドールレトリバーの室内飼いの魅力が伝わりましたか。

 

ラブラドール種の特徴は、

水・陸いずれの作業でも、正確性と俊敏な行動ができ、とても嗅覚が優れています。

 

毛色は、イエロー、ブラック、チョコレートの3種類。

平均寿命は、10歳から13歳です。

 

ラブラドールレトリバーの性格は、

温和で優しく、誰とでも仲良くなれ、甘えん坊で人懐こい性格です。

 

小さな子供にも優しく接することができ、忍耐強さも感じます。

 

いつも、家族を意識していて、

フレンドリーな犬種が、ラブラドールレトリバーになります。

 

また、学習能力に優れていて、

しつけや訓練をすると、たくさんのことを覚えていきます。

 

ラブラドールレトリバーの魅力が感じるのは、室内飼いになります。

そして室内飼いでは、しっかりと体調管理ができます。

 

いつまでも、大好きなラブラドールレトリバーと、楽しく暮らしたいですね。

外出していると室内でラブラドールレトリバーがどうしているのか気になりませんか?

そんな時、スマホで外出先から様子を確認できたり、エサもあげることもできちゃう便利なマシーンです。

→ 外出さきから室内のワンちゃんを確認できるマシンの詳細は、こちら

クラシカル
クラシカル
1歳までは、やんちゃですが、ラブラドールレトリバーは、最高な犬種です。
カリカリマシーンSP】

 

スポンサーリンク