出雲市斐川『万九千神社』 ! 「なおらい・からさで」をはじめ、おすすめのスポット情報

出雲市斐川町にある「万九千神社・まんくせんじんじゃ」!

旧暦の10月・出雲の地方では神在月 (かみありづき) といわれ、全国から神々が出雲大社にお集まりになります。

また、出雲大社では、神在祭(かみありさい)・神議り(かみはかり) など、様々な神事が執り行われます。

 

出雲大社で神在祭を終えた神々は、万九千神社に立ち寄りになられます。

万九千神社では、神議りと神宴(直会=なおらい) を催され、その後、諸国へとお旅立ち(神等去出・からさで) になられます。

そして、拝殿前には「巨大絵馬」があり、神宴(なおらい)を催している神々の姿が描かれています。

 

なお、万九千神社は御本殿はなく、磐境神籬(神霊祭祀の施設)があり御霊代(御神体)が祀られてます。

その他「ねずみの石像」や「出雲大社・遥拝所」など、境内には様々なおすすめスポットがあります。

是非、ご参考にお願いします。

 

万九千神社 おすすめ情報!

 

おすすめ①「神在月・神在祭」

10月は一般的には「神無月」ですが、旧暦の10月、出雲の地方では神在月 (かみありづき) といわれます。

旧暦10月10日・全国から神々がお集まりになられ、稲佐の浜で神迎え神事、その後出雲大社にて神在祭(かみありさい)・神議り(かみはかり)などが執り行われます。

 

神議りは、男女の縁をはじめ、様々な人と人とのご縁や、来年の収穫などを神議されます。

出雲大社 上宮
↑↑↑
神議りが執り行われる「上の宮」。出雲大社の西・稲佐の浜近くにあります。

 

おすすめ②「なおらい・からさでの社」

万九千神社 拝殿_20220723

出雲大社で神在祭を終えた神々は「万九千神社」に立ち寄りになると伝えられます。

万九千神社では、神議りの締めくくりと、神宴(直会=なおらい)を催され、26日から翌未明にかけて諸国へとお旅立ち (神等去出・からさで) になられます。

そのため、万九千神社はなおらいとからさでの社ともいわれます。

 

おすすめ③「巨大絵馬」

万九千神社 巨大絵馬 20220730

万九千神社の拝殿前には「巨大絵馬」があります。

その絵馬には、神宴(なおらい) を催している神々の姿が描かれていて、とても楽しげ(楽しそう)ですね。

社務所では、通常の絵馬を授けていただけます。

 

おすすめ④「ねずみの石像」

万九千神社 ねずみ像2 20220730

境内の至る所に「ねずみの石像」が設置されています。

なかには 神宴(なおらい)を催し、盃を交わしている「ねずみの石像」もありますよ。

是非、探ししてみて携帯の待ち受けにしてくださいませ。

※ 盃を交わしている「ねずみの石像」は、社務所近くの絵馬結び所の周りにあります。

 

おすすめ⑤「御霊代(御神体)」

万九千神社 御霊代・御神体 20220730

万九千神社では、御本殿はございません。

拝殿の裏側には、玉垣で囲まれた磐境神籬(神霊祭祀の施設)があります。

そのなかに、御霊代(御神体)が祀られています。

 

万九千神社 御霊代・御神体(案内板) 20220730
↑↑↑
磐境 神籬(いわさか ひもろぎ)の案内書き

 

おすすめ⑥「出雲大社・遥拝所」

万九千神社 出雲大社 遥拝所 20220730

万九千神社の境内には「出雲大社・遥拝所」があります。

この斎庭から西北西の方向、約10kmに出雲大社があり、感謝と祈りの真心を込めてご拝礼ください。

 

万九千神社 出雲大社 遥拝所(案内板) 20220730
↑↑↑
万九千神社境内の出雲大社・遥拝所(案内板)

 

おすすめ⑦「御祭神」

御祭神は、櫛御気野命(くしみけぬのみこと)・大穴牟遅命(おおなむちのみこと)・少彦名命(すくなびこなのみこと)。

そして、国内すべての神々「八百萬神(やおよろずのかみ)」です。

櫛御気野命(くしみけぬのみこと)

熊野大社(松江市八雲町)の主祭神であり、食物の神として農業などの生産を司られてます。

そして、須佐之男命(すさのおのみこと)と考える説もあります。

少彦名命(すくなびこなのみこと)

大国主神(おおくにぬしのかみ)と協力して、国土の開拓と国作りを果たされた神

農耕をはじめ、酒造り、医薬、温泉などを司られてます。

大穴牟遅命(おおなむちのみこと)

出雲大社(出雲市大社町)の主祭神であり、縁結びなどを司られてます。

大国主神(おおくにぬしのかみ)です。

 

万九千神社 境内のご案内

 

鳥居・石柱

万九千神社 20220722

万九千神社の鳥居の左右には「万九千神社」と「立虫神社」、それぞれの石柱があります。

そして、正面にみえる拝殿は、立虫神社」の拝殿になります。

実は、万九千神社の境内には、立虫神社(たちむしじんじゃ)があります。

 

立虫神社

拝殿

立虫神社は、地元の氏神さま・鎮守さまとして、出雲市斐川町併川地区(神立・千家)に住まれる方々から、親しみ深い信仰が寄せられるお宮です。

古くは、斐伊川の中洲に鎮座されていました。

1670年・江戸時代前期(寛文10年) の洪水により、現在の「万九千神社」境内に遷されたそうです。

 

万九千神社 立虫神社 拝殿_20220723

御祭神は、五十猛命(いそたけるのみこと)、樹木の女神の「大屋津姫命(おおやつひめ)」と「抓津姫命(つまつひめ)」の三神。

素戔嗚尊(すさのおのみこと)の子で、3兄妹が祀られています。

本殿(立虫神社)

万九千神社 立虫神社 本殿_20220723
↑↑↑
そして、立虫神社・拝殿の後ろには御本殿があります。

御祭神(立虫神社)

立虫神社の御祭神は、五十猛命(いそたけるのみこと)・大屋津姫命(おおやつひめ)・抓津姫命(つまつひめ)が祀られています。

五十猛命は、日本神話に登場する神・素戔嗚尊(すさのおのみこと)の子です。

そして、大屋津姫命・抓津姫命は樹木の女神・五十猛命の妹になります。

五十猛命・大屋津姫命・抓津姫命は、素戔嗚尊の命により全国の山々に木種を撒かれたそうです。

 

万九千神社 拝殿

万九千神社 拝殿_20220723

立虫神社・拝殿の右側に万九千神社」の拝殿があります。

御祭神は、櫛御気野命(くしみけぬのみこと)・大穴牟遅命(おおなむちのみこと)・少彦名命(すくなびこなのみこと)の三神。

そして、国内すべての神々「八百萬神(やおよろずのかみ)」が祀られています。

 

参集殿(社務所)

万九千神社 社務所_20220723

立虫神社・拝殿の左側には「参集殿(社務所)」があります。

参集殿(社務所)では御祈祷の受付をはじめ、各種のお札・御幣・お守りなど、様々な授与品をお授けしていただけます。

 

万九千神社 ご利益・授与品など

 

ご利益

縁結び・病気平癒、諸会議・宴会の成就、飲食業の繁盛、旅行安全、旅行業の繁盛など。

そして、起業、就職、転職、進学などの人生の岐路。

 

参拝方法(作法)

参拝方法は、一般的な作法とおなじ 「 二拝 二拍手 一礼 」です。

 

授与品(お守り・絵馬 など)

お守り

万九千神社 授与品_20220723

万九千神社の「お守り」は、御守・子どもまもり・結び守・開運・厄除・安産・学業・病気平癒・延命長寿・交通安全・商業繁栄 など。

「肌守り」をはじめ、「旅立ち御守り」「なほらい御守り」など、様々なお守りがあります。

詳しい情報は 「万九千神社」公式ホームページをご確認くださいませ。

→ 万九千神社・公式HP(御守・授与品)は、こちらから!

絵馬

万九千神社 絵馬 20220730

万九千神社の拝殿前にある巨大絵馬と、おなじデザインの絵馬です。

とても楽しそうですね。

値段は 600円(初穂料)

境内の社務所にて授与いただけます。

御朱印

万九千神社 御朱印20220724

万九千神社の御朱印は、立虫神社の御朱印とあわせて、2種類です。

値段は 300円(初穂料)

境内の社務所にて授与いただけます。

 

万九千神社の御朱印情報は、こちら!
↓↓↓

 

万九千神社 関連情報

 

駐車場

万九千神社の駐車場は、自家用車(約100台)・大型バス(約10台) の駐車ができます。

鳥居前の駐車場と、東側にも専用駐車場があります。

鳥居前の駐車場

万九千神社 駐車場2_20220730

鳥居前にあり、とても便利です。

東側専用駐車場

万九千神社 駐車場1_20220730

整備・舗装されていて、きれいな駐車場です。

 

境内図

→ 万九千神社・公式HP(境内のご案内)は、こちらから!

 

交通アクセスのご案内

→ 万九千神社・公式HP(交通アクセス)は、こちらから!

 

周辺の社寺情報(紹介記事)

 

万九千神社・立虫神社

住所:島根県出雲市斐川町併川258

電話番号:0853-72-9412

公式ホームページ:mankusenjinja.jp

 

Googleストリートビュー

 

出雲縁結び空港から出雲大社周辺を観光される方へ



出雲縁結び空港からは、出雲大社まで直行でいけるバスもありますが、午前中に到着する2便だけにしか対応していません。

また、出雲縁結び空港から「出雲大社周辺観光」するなら、レンタカーがオススメな理由をこちらで紹介しております。

→ 詳細は、こちらから確認てください!