稲佐の浜の岩! 弁天島は鳥居がある神秘的な姿です

出雲大社から徒歩で15分ほど、日本海に近づくと、鳥居がある壮大な岩が見えます。

なぜか壮大な岩と目線があったような感覚になり、その岩は「弁天島」といいます。

 

弁天島とは

稲佐の浜に着くと、30メートルほど海側に、壮大な弁天島があります。

今では陸続きですが、かつては海のなかに、その姿がありました。

地元の方の話しでは、海のなかの弁天島は、海に浮いている姿であったと話されます。

それぐらい、神秘的な姿をしていたそうです。

 

弁天島に鳥居があるわけは!

 

弁天島には、海の安全を守る神が祀られています。

弁天島の鳥居

弁天島に鳥居があるのは、岩の上部に「沖御前神社」があり、その鳥居になります。

そして、平成20年頃までは、鳥居の近くには松の木の姿がありました。

 

沖御前神社の神様は!

神仏習合(神仏混合)の時代では、沖御前神社には、弁財天(べんざいてん)が祀られていました。

弁天島の名は、この弁財天の名からと、地元の方は言われています。

 

そして、明治時代からは、豊玉毘古命(とよたまひこのみこと)が祀られています。

地元では漁業が盛んなことから、漁業の神としても信仰が深くあります。

弁財天

弁財天とは、弁天様のことで、七福神のお一人です。

音楽や財福などをつかさどり、女神として琵琶(びわ)を弾かれ、その姿は美しいとされます。

豊玉毘古命

豊玉毘古命とは、日本神話に登場するお一人で、海や水の女神として知られます。

そして、 神武天皇(初代天皇)の祖母としても有名です。

 

弁天島には登ることはできない!

壮大な弁天島、沖御前神社に参りたいと想い、弁天島に登りたいと願う方がおられます。

残念ですが、弁天島には登ることはできません!

少し離れた場所で沖御前神社に参り、弁天島を触ることで、そのパワーを授かってください。

 

弁天島とくじら島

地元の皆さんは、弁天島のことを「べんてんさん」といわれます。

今では砂に埋まりましたが、かつて浜と弁天島の間には「くじら島」という小島がありました。

 

地元の方々は、くじら島で、釣りなどを楽しんだそうです。

今でも祭事のときには、砂に埋まった、くらじ島を掘り返すそうです。

それぐらい、弁天島とくじら島は、地元の皆さんに愛されています。

 

稲佐の浜と弁天島 観光客さんの様子

稲佐の浜と弁天島では、年々観光のお客さんが増えています。

そのため、平日でも、駐車場が満車になるときがあります。

そして、多くのお客さんは、弁天島まで向かわれます。

そして、「弁天島をカメラで撮ったり」「手で触ってパワーを貰ったり」「お賽銭を岩の間に供えたり」、そして「砂を持ち帰ったり」、様々に楽しまれています。

 

稲佐の浜 周辺情報

出雲大社から稲佐の浜へは、徒歩12分です。

途中に、「出雲阿国の墓」や「阿国寺」「奉納山」など、スポットがあります。

是非、稲佐の浜と弁天島で、楽しんでくださいませ。

出雲大社からの所要時間MAP

 

稲佐の浜 周辺情報!

稲佐の浜の周辺情報、紹介記事です。

是非、ご参考にしてください。

 

稲佐の浜 砂交換

稲佐の浜の砂は、出雲大社の素鵞の社で「お清めの砂」と交換できます。

→ 稲佐の浜の砂!出雲大社で「お清めの砂」と交換いただく方法や手順は、こちら

稲佐の浜 駐車場

稲佐の浜の駐車場は、週末や観光シーズンでは満車です。
おすすめ駐車場を調べました。

→ 稲佐の浜の駐車場、周辺情報&おすすめは情報は、こちら

稲佐の浜 ピザ

稲佐の浜の近くには、神テラス(飲食店の複合施設)があり、美味しい石窯焼きピザが食べれます。

→ 稲佐の浜に石窯焼きピザ IZUMO PIZZA mainaの情報は、こちら

稲佐の浜 夕日

稲佐の浜は「日本の渚百選」に選ばれるほど、美しい景観なのです。
そして、海に沈む夕日はとても美しい姿をしています。

→ 稲佐の浜から見える美しい夕日の情報は、こちら

稲佐の浜 ヨガ

稲佐の浜では、毎年5月~10月までは、サンセットヨガ&朝ヨガが開催されてます。
それぞれ有資格者のインストラクターが指導してくれます。

→ 稲佐の浜のサンセットヨガ&朝ヨガの情報は、こちらから

 

このようにInstagramもやってますよ。

毎日投稿してるので、Instagramのフォローすると情報通になれますよ!

クラシカル Instagram

 

出雲にゅーす インスタグラムは、こちらから