稲佐の浜の砂!出雲大社で「お清めの砂」と交換いただく方法や手順

稲佐の浜の砂は、出雲大社の「素鵞社(そがのやしろ)」で、お清めの砂と交換(持ち帰り)していただけます。

出雲大社のお砂と交換いただく、方法や手順について纏めました。

そして、「稲佐の浜 駐車場」の情報を更新しています!

 

稲佐の浜と出雲大社の位置関係(アクセス)

稲佐の浜は、出雲大社の西側、1キロほどに位置しています。

徒歩ルート(出雲大社~)

徒歩では、出雲大社の正面を西に向かうルート(やまね通り)で、約13分の道のりです。

(上の地図は、やまね通りのご案内です)

もうひとつは、出雲大社の正面から「そば 荒木屋」「四つ角」「かねや そば」を通り、稲佐の浜に向かうルートです。

少し時間を要しますが、この道が「神迎えの道」です。

徒歩では「やまね通り」が一般的ですが、時間に余裕があれば「神迎えの道」からも人気がありますよ。

車ルート(島根・出雲IC~)

出雲インターからだと「旧大社駅」「宇迦橋(うがばし)」「神門通り」を通り、出雲大社からのルート。

もうひとつは、稲佐の浜の南から来る、海岸線を通るルートがあります。

出雲インターから国道431号線を進むと、海岸線を通るルートになります。

バスのルート(出雲大社~)

稲佐の浜のバス停は、日御碕行きのバスの途中にあります。

稲佐の浜 バス停

バスの本数は少ないので、出雲大社のバスセンターで確認してください。

出雲大社のバスセンターは、出雲大社の大駐車場の西側にあります。

 

出雲大社・素鵞社(そがのやしろ)の砂と交換する由来

出雲大社(素鵞社)で砂を交換する由来は、素鵞社の砂は「お清めの砂」として、古くからいただく信仰があるそうです。

素鵞社で交換いただいた砂は、地鎮祭などに使われます。

そして、お清めの砂として、お守りや厄除けになると言われています。

なので素鵞社の砂には厄災・招福のご利益や効果があるそうです。

 

稲佐の浜で砂を収集!(お砂取り)

稲佐の浜 砂の収集

稲佐の浜で砂を収集するには、砂を入れる容器やビニール袋などが必要です。

浜に降りた近くでは、サラサラの砂なので、収集は簡単です。

でも、小さなスコップがあれば、便利ですよ。

そして、マナーとしては、砂を収集した後は、きちんと平らにしてください。

 

出雲大社に向かう!

出雲大社には、自家用車やレンタカーだと便利ですが、徒歩だと、15分ぐらいです。

なので、砂をたくさん持つと、道中大変です。

弁天島の正面から東に向かうと、出雲大社です。

途中には、奉納山(左側)や、出雲阿国の墓(右側)などがあります。

実は、弁天島から100メートルほど南に進み、東に向かう道が「神迎えの道」です。

稲佐の浜 神迎えの道 画像

また、出雲大社への道(神迎えの道)は、神在月(旧暦の神無月)では、神々が通られます。

 

出雲大社で参拝が必要!

素鵞社で砂を交換するには、出雲大社での正式な参拝が必要です。

出雲大社 境内の案内図

参拝の方法

出雲大社の参拝は「二礼 四拍手 一礼」です。

必ず、覚えてくださいね。

そして、参拝の順路は、

① 勢溜 (せいだまり)
② 祓社 (はらえのやしろ)
③ 祓橋 (はらえのはし)
④ 手水舎(てみずや)
⑤ 拝殿 (はいでん)
⑥ 八足門(はっそくもん)
➆ 十九社(じゅうくしゃ)
⑧ 素鵞社(そがのやしろ)
⑨ 神楽殿(かぐらでん)

① 勢溜(せいだまり)

神門通りから出雲大社の正面にある、勢溜の鳥居から境内に入ります。

境内に入ると、下りの参道です。

参道では、左右いずれかの端を通ってください。

参道の真ん中は、神様がお通りになられます!

② 祓社(はらえのやしろ)

出雲大社 祓社(はらえのやしろ)

参道の中ほどには「祓社」があります。

この社は、まず心身を清めるために参拝します。

➂ 祓橋(はらえのはし)

出雲大社 祓橋(はらえのはし)

出雲大社には、素鵞川が流れています。

この素鵞川は、出雲大社の背後に立つ八雲山(禁足地)から流れる清流なのです。

素鵞川を跨ぐ「祓橋」を渡ることで、祓社と祓橋とで、二度も心身を清めます。

それぐらい、この先は、神域であることが分かります。

④ 手水舎(てみずや)

出雲大社 手水舎(てみずや)

この「手水舎」は、両手と口を浄めます。

作法は一般的で、「左手を洗う」「右手を洗う」「口をすすぐ」の手順です。

⑤ 拝殿(はいでん)

出雲大社 拝殿(はいでん)

鳥居をくぐると、大きな「拝殿」に着きます。

拝殿を参拝します。

⑥ 八足門(はっそくもん)

出雲大社 八足門(はっそくもん)

「八足門」の奥には、「本殿」があります。

お正月や、特別なとき以外では、本殿にむかう扉は開いてないです。

そのため、八足門から本殿にむかって参拝をします。

➆ 十九社(じゅうくしゃ)

出雲大社_十九社(じゅうくしゃ)

神在月では、神在祭が斉行されます。

このとき、全国の神々は、境内の東西にある「十九社」で過ごされます。

⑧ 素鵞社(そがのやしろ)

出雲大社_素鵞社(そがのやしろ)

本殿の裏手に、「素鵞社」があります。

素鵞社は、スサノオノミコトをお祀りする摂社なのです。

階段を上がる前に、まず一礼をしてください。

そして、参拝すれば、砂の交換ができます。

⑨ 神楽殿(かぐらでん)

出雲大社_神楽殿(かぐらでん)

「神楽殿」は、大しめ縄で有名です。

結婚式をはじめ、さまざまな祭事や行事が執り行われます。

 

素鵞社で砂の交換(持ち帰り)!

素鵞社を参拝すると、砂の交換をします。

出雲大社の砂(素鵞社)

  • まず、社を左側から回り込みます
  • 軒下には、砂が入った木箱があります
  • その木箱に、稲佐の浜の砂を入れます
  • 乾いた色の砂をいただきます(スコップがあれば便利です)
  • 最後に、素鵞社の正面にまわり、一礼して立ち去ります。

もちろん、交換した砂は、持ち帰ることができますよ。

出雲大社の砂 ご利益を授かるには(砂の使い方)!

出雲大社から持ち帰った砂=「お清めの砂」 使い方の一例になります。

ご参考に、お願いします。

マンションの場合

マンションやアパートの場合は、間取りの東西南北の四隅に、容器やお皿に入れて大切に置きます。

お部屋の全体を清めることで、厄除けになると言われています。

できれば、容器やお皿は、定期的に交換してくださいね。

一軒家の場合

一軒家の場合では、自宅周りの四隅や建物、お庭、田畑などに撒き、土地や建物全体を清める感覚でお願いします。

そのことで、厄除けになると言われています。

砂を身につける

お守り袋などを用意して、その中に、砂を入れます。

お清めの砂を身につけることで、ご利益を授かると言われます。

出雲大社までは来れないとういう方には・・・

→ 金運の上がる財布を持つのも良いですよ!

 

稲佐の浜 駐車場は3か所(無料)!

2020年12月現在、稲佐の浜の駐車場は3か所です。

関連記事

出雲市大社町にある「稲佐の浜」! 観光シーズンになると、稲佐の浜の駐車場は、大混雑です。 その理由は、 弁天島 正面の駐車場 稲佐の浜 海水浴場の駐車場 この2つの駐車場なので、駐車できる台数が限られま[…]

稲佐の浜 駐車場の弁天島

 

稲佐の浜の付近には、駐車場の案内板がないので、次の地図を参考にしてください。

稲佐の浜_周辺マップ

 

ちなみに、駐車場のご利用は無料です!

↓ ↓ ↓

詳しい駐車場 情報は、こちらから!

 

稲佐の浜・出雲大社 周辺情報

出雲大社を中心にした、周辺情報です。

是非、ご参考に。

出雲大社の北には八雲山!

出雲大社の北、本殿の背後に立つのが「八雲山」です。

この八雲山は聖域とされ、禁足地です。

参拝ルートは整備されていますが、許可なく入山することはできませんよ。

出雲大社の南には

出雲大社から南側に、「大鳥居」までの300メートルほどの通りを「神門通り」と言います。

一畑電鉄「出雲大社駅」は、神門通りの中ほどにあります。

そして、大鳥居の南300メートルには、重要文化財「旧大社駅」があります。

出雲大社の東には

出雲大社から東に伸びる道沿い(国道431号線)には、「歴史博物館」「お宿 月夜のうさぎ」、その先には「島根ワイナリー」です。

「北島國造館」は、歴史博物館の北側にあります。

出雲大社の西には稲佐の浜!

出雲大社から西に向かうと、1キロほどで日本海があり、そこに「稲佐の浜」と「弁天島」があります。

その途中には、「出雲阿国の墓」「阿国寺」「奉納山」があります。

そして、稲佐の浜から海岸線を、北に8キロ進むと「日御碕」「日御碕灯台」「日御碕神社」です。

稲佐の浜 神話のスポット(屛風岩)

稲佐の浜の近くにある、国譲り神話の地「屏風岩」。

神話では、大国主大神と武甕槌神(たけみかづちのかみ)は、この屏風岩を背にして、国譲りの話し合いをされたそうです。

国譲りの神話「屏風岩」は、民家の庭にあります。

稲佐の浜にある屛風岩

稲佐の浜 近くのカフェ(神テラス)

稲佐の浜には「神テラス」という、カフェやピッツァのお店がある、複合店舗があります。

場所は、稲佐の浜 駐車場(弁天島)の道路向かいなので、分かりやすいです。

そして、2階から見える、日本海や弁天島などの景色は、とても素敵ですよ。

→ この石窯焼きピザ IZUMO PIZZA maina(出雲ピッツァ マイナ)の詳細は、こちら

関連記事

出雲市大社町の稲佐の浜「神テラス」内に、石窯焼きIZUMO PIZZA maina(出雲ピッツァ マイナ)が2020年6月20日オープン! 【出雲かみしおプロデュース】 神TERASUにて【出雲甘酒】に続いて【石窯焼き出雲PIZZA[…]

稲佐の浜 待ち受けにする!

稲佐の浜は、最強パワースポットの一つと言われています。

その理由は、

  • 稲佐の浜(神話の舞台、神々を迎える神事)
  • 弁天島 (海の神、沖御前神社)
  • 夕日のスポット(日本の渚百選)
  • 稲佐の砂(出雲大社 素鵞社での砂交換)

など、様々にあります。

稲佐の浜を訪れる方には、弁天島を背景にした写真を、スマートフォンなどの待ち受けにしている人が多いそうです。

最強のパワースポットと言われるだけに、良いことがありそうですね。

 

出雲大社の二の鳥居の前には、有名人の実家が・・・

誰もが写真を撮る出雲大社の入り口となる二の鳥居の手前50mのところには、老舗旅館「竹野屋」があり、「竹内まりや」さんのご実家なのです。

出雲大社の二の鳥居、勢溜にある大鳥居がこちら。

 

竹野屋さんには、宿泊することが出来ます。


→ 竹野屋さんは、こちらから一休.comで予約できます

→ 竹野屋さんは、こちらから楽天トラベルで予約できます

そして、出雲大社の正面に着くと、東西の道があります。

 

まとめ

稲佐の浜は、出雲大社の西側、1キロ(徒歩15分)ほどにあります。

稲佐の浜は、浜に降りた近くでは、サラサラなので収集は簡単(スコップがあれば便利です)。

そして、素鵞社の砂は「お清めの砂」として、古くからいただく信仰があります。

稲佐の浜の砂を、素鵞社で交換するには、出雲大社で正式な参拝が必要。

出雲大社の参拝は「二礼 四拍手 一礼」です。

そして、素鵞社を参拝すると、砂の交換ができます。

出雲地方は神在月です!

関連記事

こんにちは、クラシカルです。 私の住む島根県にある出雲地方には、ある時期に全国の神様がお集まりになります。 なので旧暦の10月、全国では通常『神無月』と呼ばれますが、出雲の国だけは『神在月(かみありつき)』と呼ばれます。 […]

出雲大社

 

本家本元の島根の出雲大社行けない場合は

島根県出雲市にある出雲大社に行けない場合には、お近くに出雲大社の分祠・分院などがあるかも知れません。

本家本元にも引けをとらないご利益があるようなので、行かれてみてはいかがでしょうか。

→ 出雲大社の分祠・分院などの詳細は、こちら

関連記事

島根県(出雲市)にある本家本元の【出雲大社】には、遠くてなかなか行けなくても、全国各地に出雲大社の分祠・分院などはたくさん存在します。 全国のほとんどの地域に、出雲大社の支社みたいな分祠・分院があるようなので、まとめてみました。 […]

出雲大社

 

しまねプレミアム観光券!

島根県内の観光施設の入場料・利用料、温泉、観光体験料が半額になる『しまねプレミアム観光券』があります。

使わないと損ですよ!

→ しまねプレミアム観光券の詳細は、こちら

関連記事

島根プレミアム観光券は、島根県内の観光施設の入場料・利用料、日帰り温泉、観光体験料に利用することが可能です。 『しまねプレミアム観光券』を利用することで、これらの施設を半額で利用できることになりますが、販売・利用期間が2021年6月3[…]

pass-me しまねプレミアム観光券 バナー2

出雲大社からの所要時間MAP

 

稲佐の浜 周辺情報!

稲佐の浜の周辺情報、紹介記事です。

是非、ご参考にしてください。

( 稲佐の浜 駐車場 紹介記事!)

関連記事

出雲市大社町にある「稲佐の浜」! 観光シーズンになると、稲佐の浜の駐車場は、大混雑です。 その理由は、 弁天島 正面の駐車場 稲佐の浜 海水浴場の駐車場 この2つの駐車場なので、駐車できる台数が限られま[…]

稲佐の浜 駐車場の弁天島

 

( 稲佐の浜 弁天島 紹介記事!)

関連記事

出雲大社から徒歩で15分ほど、日本海に近づくと、鳥居がある壮大な岩が見えます。 なぜか壮大な岩と目線があったような感覚になり、その岩は「弁天島」といいます。   弁天島とは 稲佐の浜に着くと、30メートルほど海側に[…]

 

( 稲佐の浜 石窯焼きピザ 紹介記事!)

関連記事

出雲市大社町の稲佐の浜「神テラス」内に、石窯焼きIZUMO PIZZA maina(出雲ピッツァ マイナ)が2020年6月20日オープン! 【出雲かみしおプロデュース】 神TERASUにて【出雲甘酒】に続いて【石窯焼き出雲PIZZA[…]

 

( 稲佐の浜 夕日 紹介記事!)

関連記事

稲佐の浜は、日本の渚百選に選ばれるほど、その姿は美しい景観です。 また、旧暦の神無月(出雲では神在月)では、全国の神々が、最初に降り立つ地としても有名な浜です。 そして、「国譲り神話」「国引き神話」の舞台なのです。 稲佐の浜の[…]

 

 

出雲にゅーす「神話・旅行」 → こちらから!